欧米を中心にブームの日本酒

今、欧米を中心に日本食が大きな注目を集めています。それと同様に、日本酒も大きなブームとなっていることをご存知でしょうか? 日本酒を一堂に会したサケ・フェスティバルが各地で開催されているだけではなく、その品評会まで開かれているのですから驚きですね。例えば、山形の地酒として有名な出羽桜は、ワインの品評会に出品して世界一を獲得するほどの人気ぶりです。欧米人にとっての日本酒は、チーズによく合うお酒として注目されています。ワイングラスへ白ワインのように注ぎ、香りを楽しみながら飲むのが欧米風です。しかし、アメリカでは意外な日本酒の楽しみ方があるといいます。

日本酒の意外な楽しみ方、アメリカで流行のサケ・ボムとは? 日本酒の意外な楽しみ方、アメリカで流行のサケ・ボムとは?

アメリカ西海岸を中心に流行! 日本酒の意外な楽しみ方

今アメリカでは、「サケ・ボム」という日本酒の楽しみ方が流行っています。サケ・ボムとは、西海岸を中心に人気の日本酒カクテルです。アメリカでは、ビールにウイスキーを合わせた“爆弾酒”というカクテルが一般的ですが、サケ・ボムはまさにこの日本酒版です。ビールの入った日本酒の上にお箸を2本置き、その上におちょこに入った日本酒をのせます。準備が整ったら『サケ・ボム!サケ・ボム!』のかけ声と共に、みんなでテーブルを叩きます。テーブルの振動で日本酒が入ったおちょこがビールに落ちたら、爆発する前に一気に飲み干します。カクテルというよりは、飲み会のパーティーゲームのような日本酒の楽しみ方ですね。

サケ・ボム流行のかげに日本酒ブーム

日本酒とビールを混ぜ合わせて飲むことは、その相性からも好んで飲む日本人は少ないでしょう。しかし、意外なことにアメリカでは、ビールに日本酒を入れることでビールの苦味がまろやかになると評判のようです。一方で、楽しいからといって飲み過ぎには要注意です。また、爆発必至の飲み方ですから、予めお店にも確認した方がいいかもしれませんね。食事と合わせてたしなむイメージの日本酒ですが、こうした意外な飲み方が流行している背景には、やはり日本酒ブームがあるのでしょう。アメリカに友人がいる方は、お土産に日本酒を持って行くのもいいかもしれませんね。