日本で爆発的人気のスターバックスコーヒー

みなさんは、スターバックスコーヒーをよく利用しますか? シアトルスタイルのコーヒーショップとして日本に入るやいなや、爆発的人気を誇っています。今や地方出店が全国ニュースになるほど流行ぶりです。スターバックスコーヒーの大きな魅力は、なんといってもテイクアウトではないでしょうか。このシアトルスタイルは、ヨーロピアンスタイルと違い、大きなカップで一度にたくさんの量をテイクアウトできるのが大きな特徴です。これでオフィスまで持ち帰るのも安心ですよね。そんなスターバックスコーヒー、日本とアメリカの違いはあるのでしょうか?

名前で呼び出し!? 日本とアメリカ、スターバックスコーヒーの違い 名前で呼び出し!? 日本とアメリカ、スターバックスコーヒーの違い

アメリカでは名前で呼び出し

日本とアメリカのスターバックスコーヒーの大きな違いとして、アメリカでは商品の受け渡しに名前を呼ばれます。注文の際に店員さんから名前を聞かれますので、あわてずに自分の名前を伝えましょう。すると、商品ができあがったらカウンターから名前を呼ばれます。ここで注意したいのが、名前の呼び間違えです。日本人の名前は、アメリカ人にとっては聞き慣れないものです。注文時にきちんと伝えたつもりでも、全く違う名前で呼ばれることもしばしばあります。ここは逆転の発想で、あらかじめイングリッシュネームを考えておくのもいいかもしれませんね。

とにかくコーヒーが安い

そして、アメリカのスターバックスコーヒーは、日本と比べてとにかく安いです。通常のローストコーヒーが、アメリカでは1杯100円程度で買えるんですから驚きです。日本では、1種のステータス感やオシャレ感が強いスターバックスコーヒーですが、アメリカでは本当に普段使いの大衆カフェチェーンです。日本にはない気軽さが嬉しいですね。ただし、日本のショートサイズがアメリカにはありませんので、要注意です。なんともアメリカらしいサイズ設定ですが、日本人にとっては少し大きいかもしれませんね。これらの違いを覚えて、是非本場アメリカのスターバックスコーヒーを楽しみましょう。