2種類のベジタリアンスタイル

みなさんは、ベジタリアンの友人を持ったことはありますか? 近年、動物愛護問題や健康志向の向上なども相まって、日本でもベジタリアンという食事スタイルが認知されてきました。一般的にベジタリアンというと、野菜のみを食する人と思っているが多いのではないでしょうか。完全に動物性たんぱく質を摂取しない、いわゆる「ベジタリアン」と、卵や牛乳、チーズなどは摂取可能な「ビーガン」という2種類のスタイルがあります。どちらのスタイルかによって、ベジタリアンと食事をする場所は変わってきます。今回は、ベジタリアンと行くべき食事場所をご紹介します。

ここに行けば間違いなし! ベジタリアンと食事に行けるレストランは? ここに行けば間違いなし! ベジタリアンと食事に行けるレストランは?

最も間違いないインディアンレストラン

まず、ベジタリアンと行くべきレストランとして間違いないのは、「インディアンレストラン」です。日本では、インド人やネパール人、パキスタン人などがやっているカレー屋さんがそれに当たります。このインディアンレストランは、カレーをメインに、ベジタリアンやビーガン向けの食事を数多く用意してあります。そもそもインド料理は、宗教上の理由により、古くから肉などの動物性たんぱく質を使用しない料理が数多く存在します。肉や魚が中心の現代の食事事情から考えると、インディアンレストランは、ベジタリアンとの食事に最も適した食事場所と言えます。

バイキングレストランやデパ地下もオススメ

また、私がオススメするのは、バイキングタイプのレストランです。使用している食材に注意しなければなりませんが、好きなものを好きなだけ食べられる点がうれしいポイントです。同様にデパートの地下などにあるお惣菜コーナーも、ベジタリアンの方には喜ばれる場所です。日本のデパ地下もそうですが、最近は野菜や豆腐専門のお店も数多くあります。特に豆腐は、世界中のベジタリアンにとって、重要なたんぱく質摂取源として注目されています。ベジタリアンと食事に行く際は、是非参考にしてみて下さい。