ポルトガルのサンタクルスは、作家の壇一雄が住んだ町

ポルトガル料理は、スペイン料理と似ていますが、もっと素朴というか、シンプルな感じがします。ヨーロッパ料理の中では、もっとも日本人の口に合うのではないでしょうか。考えてみれば、ポルトガルから日本にもたらされたものも多いのです。パンにかぼちゃ、カステラ、金平糖、天ぷら、煙草、コップやボタン、合羽、おんぶにピンキリまで、実はポルトガル語が語源なのです。今でこそ日本料理の代表に数えられる天ぷらも、実はポルトガルからもたらされた料理だったのですね。ちなみに「テンプラ」とは「下味をつける」という意味だそうです。ある年の夏、僕はそんなポルトガルの港町、サンタクルスに来ていました。作家の壇一雄が「火宅の人」を書いたことで有名な町です。町中には「PROF KAZUO DAN(壇一雄通り)」まであります。

海外でうまい〜ポルトガルの〇〇は、かき揚げの元祖? 海外でうまい〜ポルトガルの〇〇は、かき揚げの元祖?

イワシの塩焼きを肴にビールを、極上の気分で一杯

サンタクルスはイワシの塩焼きで有名な町です。大西洋に面したレストランでは、店の前に焼台を出して、丸々と太った新鮮なイワシをジュージュー焼いてます。白い煙があたりに漂い、観光客はどうしたって引き寄せられます。焼いたイワシを肴にビールを飲みつつ、ベランダ席から、荒涼とした大西洋を見ながら時を過ごす。たまりませんなあ。かつての壇一雄もこうだったのかなあという思いに駆られます。そしてプリプリとしたイワシのうまいことと言ったらありません。味付けは塩のみ。シンプルイズベストです。そしていつまで経っても日の暮れない夏を楽しむかのようにブラブラ街を歩きます。すると、なんと、お総菜屋さんのトレーの中に、天ぷららしきものを見つけたのです!

天ぷらの祖先とは?

その名前は、「バタニスカス・デ・バカリャウ」店の人にたずねると、タマネギと干しダラのほぐしたものを、卵で溶いた小麦で揚げたもの。「バカリャウ」が干しダラのことで、北海で獲れたタラの干物です。昔からポルトガルの伝統的食材だといいます。味も天ぷらそのもので、バカリャウの塩辛さがいい塩梅です。日本に来たポルトガル人たちも、保存のきく食料として、タマネギと一緒に持ってきたのではないでしょうか。玉ねぎは地中海沿岸部で16世紀から食用になっていました。想像力を含ませれば、当時、日本にはバカリャウもタマネギもありませんでしたので、日本にある野菜を中心に揚げたのが「長崎天ぷら」になり、大坂、江戸へと伝わったのでは。この料理、ドライブインなどでも売っていましたし、レストランで注文すると、安く作ってくれました。「バタニスカス・デ・バカリャウ」。ポルトガル旅行を計画中のみなさんは、どうぞお忘れなく。