トウモロコシのジュースはいかが

ブラジルで売られているフレッシュジュース紹介の続きです。ブラジルではサトウキビと同じく、バイオエタノールの原料となるトウモロコシの栽培も盛んです。このトウモロコシ、加工しスイーツとして食べられています。ですがそのほとんどが、とにかく甘い! 砂糖または練乳を使ったような甘さで、喉の渇きを感じるくらい甘いのです。ジュースも右に同じく、生のトウモロコシを絞り、練乳を混ぜたような甘さです。現地の友達は美味しそうに飲んでいましたが、ちょっと私にはハードルが高いものでした。

爽やかな甘さのカシューの果汁を是非堪能あれ 爽やかな甘さのカシューの果汁を是非堪能あれ

知らなかったカシューナッツの姿

おつまみのナッツ系としては私たちにも馴染みのある「カシューナッツ」ですが、ジュースとして果汁を飲むということをご存知でしたか。カシューの実は小ぶりなパプリカに似た形で、そのヘタの部分にくっついているものがナッツとして食べている部分なのです。カシューの実を手に取ると水分が詰まっていて、ずっしりとした重みがあります。さて、どうやって果汁を飲むのでしょう。

しゃぶって、すすって飲むカシュー

カシューは果汁を含んだスポンジのような実なので、しゃぶって吸い取るようにして飲みます。酸味もクセもなく、ほのかな甘みが口いっぱいに広がり、爽やかな味わいでいくらでも飲めてしまいます。ちょっと難点があるのですが、それはカシューを取ってすすって飲むしかないため、飲み終わると手が果汁でべとべとになります。カシューを絞ったジュースだけで販売して欲しいぐらいです。けれども、この味をすすって飲むのが美味しさの秘訣なのでしょう。

冷凍食品コーナーにブラジルフレッシュジュース

フレッシュジュースにこだわる国民性なのか、ブラジルのスーパーでは様々なフローズンフルーツが売られています。これを水と一緒にミキサーに入れて混ぜ、ジュースとして飲むそうです。南米の国々にそれぞれのフレッシュジュースがありますが、今回紹介したものはブラジルだけで味わえます。鮮度にこだわるブラジルのフレッシュジュースを飲みに行ってみましょう。