日本でも人気のあの果物

昨今は輸入食品のお店が日本国内でも展開しており、日本から遠く離れた国の食材が簡単に入手できるようになりました。しかし、日本で購入できるのはおもに加工品のため、まだまだ私たちの知らない食べ物があります。ブラジルを旅行したとき、路上で売られている様々なフレッシュジュースがとても印象的でした。日本でも購入できるものとしては「アサイー」という紫色の果物がありますが、他にどんなものがあるか紹介しましょう。

ブラジルではよく見かけるココナッツジューススタンド ブラジルではよく見かけるココナッツジューススタンド

さっぱりしたココナッツジュース

ブラジルの各町には、1周すれば2km以上の距離になるような広い公園があります。そんな公園で必ず見かけるのが、「ココナッツジュース」のスタンドです。ココナッツジュースは2通りの方法で売られています。ココナッツに穴を開けてストローを挿して渡してくれるもの、ココナッツジュースをプラスチックカップに注いで渡してくれるものです。また、店によってはよく冷えたものと常温のものがあります。ココナッツのジュースを日常的に飲まない私たちには、ココナッツを丸ごと渡される方がワクワクしますよね。

美味しい冷えたサトウキビジュース

ブラジルではたくさんのサトウキビを生産しています。その証拠にガソリンスタンドではガソリンに代わるエネルギーである「バイオエタノール」を販売しているのです。そんなサトウキビをその場で絞ってくれるお店があります。搾りたてのサトウキビに氷を入れて飲むジュースは、冷たくてほんのり甘いのど越しです。東南アジアでも飲めますが、ブラジルでは少し違った飲み方ができました。

選べる3種類のサトウキビジュース

ストレートで飲むサトウキビジュースも美味しいのですが、ブラジル流はさらにレモンまたはパイナップルの果汁を少し入れてくれるのです。サトウキビ独特である草っぽい香りが苦手な人には、レモンやパイナップルのほんのりした香りが入るのはいいかもしれませんね。店によっては、ペットボトルにサトウキビジュースを入れた持ち帰り用を売っているところもありますよ。(後編に続く)