アメリカ製のサプリメントって大丈夫?

サプリメントに詳しい人や、こだわっている人の中には、アメリカのものを愛用している人も多いでしょう。けれど、日本人とアメリカ人では平均的な体格や体質の差が違うはず。アメリカ製のものは、私たち日本人にとって強すぎたりはしないのでしょうか?また、日本のサプリメントとの違いは何でしょうか。ここでは、アメリカで実際にサプリメントを服用する方法や注意点について見てきます。

サプリメント大国アメリカで、実際に服用する方法と注意点。 サプリメント大国アメリカで、実際に服用する方法と注意点。

アメリカがサプリメント大国と呼ばれる所以。

日本の健康保険制度は、国民全員に加入が義務付けられています。そのため、私たちは病院(医療機関)にかかっても、実際にかかった医療費の3割を負担することで、必要な医療を受けることができます。一方アメリカでは、国の健康保険への加入が義務ではありません。加入していないため、病気になって医療機関にかかる際、ほとんどの人が高額な料金を払わなければならないのです。なるべく医療機関にかからないようにと、自然に病気を予防する意識が高まっていったため、健康への関心が高まり、サプリメントが多用されるようになったのです。

サプリメントの定義や、それに対する法律がある。

日本ではサプリメントは“栄養補助食品”として扱われているので、明確な定義や決まりがありません。品質等は各メーカーにゆだねられています。反対にアメリカではサプリメントに対する定義づけが法律でなされています。「法律があるからすべて安全」ではありませんが、日本ほど自由ではありません。すべての情報を開示しなければならないため、メーカーの都合の悪い情報を隠すことができる日本のサプリメント市場よりも、消費者が得たい情報を得やすいのがアメリカ。日本のサプリメントと違って、効果・効能や飲むタイミングがはっきりと明記されています。

スーパーマーケットで手軽に買うことができます。

ただし、サプリメントはあくまで栄養補助食品です。アメリカでも一般的なスーパーマーケットで取り扱われているので、簡単に手に入れることができます。しかも、広告宣伝費がやたらかかる日本製のものよりも安価なものが多く見られます。気になるものがあれば買って飲んでみてもいいでしょう。お店に並べられているものは、法律の基準をクリアしていて、かつ訴訟の多いアメリカで生き残っているくらいのものなので、安全性についてはそれほど心配することはありません。ただし、日本では医療用成分として扱われている成分が含まれている可能性があります。容量を守って飲むようにしてください。持病がある場合や、服用している薬が他にある場合は摂取を控えたほうがいいでしょう。