痛くなる可能性があるならもって行くべき!

出発前のウキウキとは裏腹に「海外旅行中、体調を崩してしまったらどうしよう…」なんて一瞬不安になってしまったことがある人はいませんか? 日本人に多いと言われる頭痛持ちである場合、頭痛が始まってしまった瞬間に気分もズシーンと沈んでしまいそうですよね。ある程度考えられる症状に対しては、それ用の薬を持っていくべきです。海外で薬を調達する場合、日本では使われない成分が含まれていたり、処方が違ったりするので、体に合わないこともあり、効かなかったり余計に体調を崩したりする可能性もないとは言い切れません。また、病院に行くとなると医療費も高額になってしまうため、保険でカバーするのでなければ極力自分で対処できるようにしましょう。

頭痛薬や胃薬って、海外旅行にもって行くべき? 頭痛薬や胃薬って、海外旅行にもって行くべき?

頭痛薬以外で持って行きたい薬類はこちら。

頭痛薬以外にも、ぜひ持っていったほうがいい薬があります。女性は環境が変わると急に月経がきてしまう場合があるので、痛み止めやナプキンなどは用意していきましょう。また、目薬も日本から持っていったほうがいいです。気候によっては普段乾かない人でも目が乾いてしまうこともあるためです。慣れない食べ物でお腹を下すこともあるので下痢止め、軽い症状であれば抑えられる風邪薬、乗り物に長時間乗る予定があれば酔い止めもあると心強いです。熱までいかなくても肌が火照ることもあるため、ひんやりとするシートもおすすめです。

普段飲まない人にも!かなり使える胃薬。

海外旅行へ行く際、かなり便利なのが胃薬です。普段飲まない人も多いかもしれませんが、あると使えます!というのも、海外旅行中は珍しい食べ物、そこでしか食べられないものもあり、ついつい暴飲暴食をしまがちだから。その後、胃がもたれてしまって他のものが食べられなくなったら悲しいですよね。また、日本人が普段食べない「油っこい&甘いもの」も多く、慣れないものを食べて胸ヤケしやすい環境であることは間違いありません。そういったときに、胃薬でスーッとさせてあげるといいでしょう。

薬以外でも持って行きたい健康グッズ。

旅先では予想以上の距離を歩いたり、不慣れな場所へ行ったり、体が疲れやすいものです。夜は十分な睡眠をとることが大切ですが、その休息時間中により効率よく疲れをとるために喪って行きたい健康グッズがあります。筋肉疲労に効く湿布やローション、火を使わないお灸、アイマスクなどを夜使うとリラックス効果も高まります。また、使い捨てマスクもいくつかあると便利です。ホテルの部屋や機内は乾燥していることも多いので、喉の保護のために気になったらマスクをするといいですよ。