インドの伝統的医学“アーユルヴェーダ”とは。

サンスクリット語で生命を指す『アーユス(aayus)』。知識、学問、心理を指す『ヴェーダ(veda)』。この2つの言葉が合わさった言葉が『アーユルヴェーダ(ayurveda)』です。心と体の状態を知り、すべてにおいてバランス(調和)の取れた生き方をする指針と言われており、医学だけでなく、心のあり方、哲学、生命科学、日常の知恵など、人間が生きていくうえで必要なすべての知恵を含んでいます。その歴史はなんと約5千年!心と体に不調を抱えた現代人にこそ取り入れたいもので、日本でも美容意識の高い女性たちから支持されているんですよ。

インドの伝統的医学アーユルヴェーダで心身の疲れを癒す インドの伝統的医学アーユルヴェーダで心身の疲れを癒す

アーユルヴェーダが唱える“健康”のあり方。

「病は気から」という日本の言葉にもあるように、アーユルヴェーダでも心と体のつながりを唱えています。さらに心身だけでなく、行動や環境もすべて調和が取れてこそ健康とのこと。病気になってしまってからその部分を治すことだけでなく、病気になりにくい心身を作って予防することに重きを置かれているのが特徴です。心身に働きかけるエネルギーを総称して『ドーシャ(不純なもの、病素)』と呼び、このバランスが保たれている状態を健康と位置づけます。良好な状態であれば心がイキイキとして、体は健康、新陳代謝や循環も活性化され、病気を防ぐことができるのです。

具体的に何をして、どんな効果が得られるのか。

アーユルヴェーダの治療法(浄化法)はドーシャをはじめとする不純物や毒素を取り除くことから始まります。ただし西洋医学に慣れきった私達が、病気の改善の効果が期待できることはほとんどないと考えられます。病気になったら病院へ行きましょう。その代わり、心身の疲れが出ている状態ならば、アーユルヴェーダに基づいて行われるオイルマッサージがおすすめです。“疲れ”もドーシャが乱れた状態なので、解毒効果のあるオイルで体内の循環をよくすることで調子を整えます。女性に多い“むくみ”もバランスを整えることで改善されるため、日々の疲れを癒すのにぴったりですよ。

オイルマッサージにはゴマ油がよく使われます。

オイルマッサージのオイルでよく使われるのは“ゴマ油”ですが、日本の台所でもおなじみのあのゴマ油ではありません。精製法が違うのでほぼ無臭で色も透明〜やや黄色。肌に塗ると非常によく浸透して、毛細血管に入り血液にのって全身をめぐります。肌に塗って約20分で、皮膚だけでなく内臓や骨にまで到達するというからビックリ!体内にある毒素や老廃物を体の外へ運びだす力に長けていて、それだけでも細胞、そして体はすっきり。しかもゴマ油は抗酸化作用に優れているので、アンチエイジングが気になる方にもぴったりです。