具合が悪いと思ったら絶対に無理をしない

もし旅先で体調を崩してしまったら、まずはその日の予定を中止して、無理をせずに身体を休めましょう。症状にあった常備薬があれば、まずは様子をみて、それでも症状が良くならない時には、速やかに現地での医療機関を受診しましょう。旅行保険のサービスを利用するのが一番ですが、宿泊先のホテルのスタッフに相談しても、様々な情報を提供してくれるはずです。

海外で病気になったら、備えと覚えておきたいこと【後半】 海外で病気になったら、備えと覚えておきたいこと【後半】

海外旅行保険には必ず加入しておこう

どんなに短期の旅行でも、海外旅行保険には必ず入りましょう。海外でいざ病院を受診したいと思っても、言葉の不自由な現地では、医療機関を探して予約をするのも一苦労。そして海外では、日本と違って救急車が無料ではないこと、病院での診察料、治療費がとても高額な事はよく知られていますよね。特に万が一、手術や入院などが必要になった場合は、かなりの費用がかかります。診察もキャッシュレスで利用できるケースも多いので、安心して受診できます。海外旅行保険のサービスでは、現地での医療機関の紹介から予約、必要なら通訳サービスまで、様々なサポートをしてくれます。

クレジットカードに旅行保険のサービスが付帯している場合もある

掛け捨てなのでもったいない、と感じる方もいるでしょうが、個人的な経験から言っても保険への加入を絶対にお勧めします。また、クレジットカードには最初から海外旅行保険サービスが付帯している場合もあるので、手持ちのものについて調べておくとよいでしょう。医療機関を利用した時の交通費や、医療機関で支払ったレシートは、保険請求の際に必要になりますので、忘れずに貰っておきましょう。

体調を崩す前に、しっかり予防しよう

旅行中に体調を崩す人に多い症状といえば、なんといっても「風邪」と「下痢」です。飛行機の中の移動や、ホテルの空調、そして乾燥した気候などで喉を痛めて「風邪」になってしまう方が多いようです。飛行機の中でもマスクをする、水分をこまめに取るなど予防を忘れずに。そしてお腹を壊してしまう場合は、現地の食事や水が原因という場合も多いので、飲料水はミネラルウォーターを飲むなどして、体調管理にもに気をつけましょう。