手ごろな値段で掘り出し物が探せるワンダーランド

大都市を訪れたら、スーパーマーケットとドラッグストアを覗くのが楽しみのひとつです。店内に入ると俄然テンションが上がり、食品や日用雑貨、衛生用品などすべての棚を隈なく見ては、日本にはない珍しいもの、面白いものを探します。ですから、日本に来る旅行者が、100円ショップやマツキヨに感動する気持ちがよくわかります。さて、ドイツではドラッグストアのレベルがかなり高くて、ベルリンでも二日に一度は足を運んでいました。ドイツのドラッグストアのツートップといえば、「dm(デーエム)」と「ROSSMANN(ロスマン)」です。

おすすめ!! お土産雑貨とコスメの宝庫、ドイツのドラッグストア「ロスマン(ROSSMANN)」 おすすめ!! お土産雑貨とコスメの宝庫、ドイツのドラッグストア「ロスマン(ROSSMANN)」

日本では高いドイツのコスメをまとめ買い

滞在していた宿の近くにあったので、私は専らロスマンに通っていました。シャンプーや石鹸などの身の回りの消耗品は現地で調達しようと思って、ほとんど持たずに出発したので、ベルリンに到着した初日に、ホテルで教えてもらってロスマンに買い出しに行きました。シャンプーや洗顔フォーム、クリーム状の衣類の洗濯洗剤は、旅行用に50mlの小さなサイズが売られていてとても便利。これはお土産にもいいですね。旧東ドイツの化粧品メーカー「フロレナ」や「ハーバシン」のハンドクリームは、日本で買うよりずっと安いし、新製品が出ていたので、自分用とお土産にまとめ買いしました。

狙い目はロスマンの自社ブランド

ドレスデンで泊まったホステルのお風呂に用意されていたボディーソープ、これがビックリするほどいい香りだったので、ラベルを見たらロスマンの自社製品でした。香りは‘シアバター&パッションフルーツ’で、日本にはない香りです。みなさんもシャンプーや洗剤のにおいで異国を感じることはありませんか?日本にはないフレーバーの歯磨き粉やカラフルな歯ブラシ、バスソルトやバスオイルなど、ロスマンブランドならかなり安く買うことができます。ハーブティーやドライフルーツも、私の今回の戦利品でした。もちろん、ボディーソープも買いました。お風呂がいい香りでいっぱいになって、幸せなバスタイムを過ごしています。

オーガニックコスメがおすすめ

ドイツはオーガニック先進国。ドイツでは『BIO(ビオ)』と表示され、ビオ製品を審査・認定する非営利の組織がいくつかあります。スーパーの食品、市場の野菜にもビオの表示をよく見かけます。ドイツのオーガニックコスメといえば、有名なのは「ヴェレダ」や「ラヴェーラ」などですが、これらもロスマンでお値打ちに手に入れることができます。でも、ここでおすすめするのはロスマンの自社ブランドのビオ製品。「Alterra(アルテラ)」というシリーズで、シャンプーやボディソープから基礎化粧品まで揃います。BDIHという団体から認可を受けている、ちゃんとしたビオ製品なのに、とっても安いのが嬉しいのです。