無料のWi-Fiスポットが増えてきた

少し前までは、タイでも日本とメールのやり取りをするのにインターネットカフェに行き、「日本語は使えますか?」と聞いていたものですが、今では日本以上に無料Wi-Fiスポットが増えました。だからWi-Fi機器さえ持っていけば旅もずいぶん楽になりました。日本でもWi-Fiが使える所はあるにはあるのですが、有料がほとんど。その点、タイはここ数年で、かなり無料化が進んでいます。スマホでも「機内モード」にしてWi-FiだけONにしておけば、高額な請求が来ることはないので安心です。

wifiを使って、通信費を抑えよう。タイ編1 無料スポットを探す wifiを使って、通信費を抑えよう。タイ編1 無料スポットを探す

Wi-Fi利用ができるタイのホテル

今ではタイのホテルの8割ほどが、部屋でWi-Fiが使えると思っていいでしょう。そのホテルやゲストハウスでWi-Fiが使えるかどうかはホームページを調べてもいいし、ホテルを並べた予約サイトにも載っています。手っ取り早いのがガイドブックで、ホテルのデータ欄にはたいてい「Wi-Fi」の項目があり、有料か無料かが書いてあります。数年前までは「1時間いくら」のような有料が多かったのですが、今では安いゲストハウスでも無料が主流です。先日、あるゲストハウスに行ったとき、「今年は無料になったんだね」と言うと、「周りがみんなそうだからね」との返事。タイもなかなか競争が厳しいようです。

「Wi-Fi可」でも額面通りに受け取ってはダメ

ただし、ホテルやゲストハウスによっては、どの部屋も同じようにWi-Fiがつながるとは限らず、「Wi-Fi可」をうたっていても実際は「2階から下しかつながらない」とか、「フロントと食堂のみ」というところがあるので注意ください。チェックインの際にはっきり「Wi-Fiを使う」と言えば、多分つながりやすい部屋にしてくれると思います。たいていIDとパスワードが設けられているので、フロントで聞いておきましょう。

カフェやレストランで無料の所を探す

泊まっているホテルでWi-Fiが使えない、または観光の合間にWi-Fiを使いたいときもありますよね。実はタイのレストラン(安食堂は無理ですが)で、無料Wi-Fiが使える所はとても多いのです。とくに外国人観光客が来るようなカフェやレストランでは、入口にたいてい「free WIFI」と書かれたステッカーが貼られています。Wi-Fi IDとパスワードを教えてくれるので、それを入力すればいいでしょう。まずは、お店の人に聞いてみてください。田舎町でWi-Fiスポットがどうしても見つからないという時は、“ちょっといい”ホテルへ行き、「ここのレストランを利用したら、無料でWi-Fiが使えますか?」と聞いてみることも私はよくしています。