インドのwifi事情

インドはIT大国でもあり、首都デリーではwifiなどのインターネット環境は比較的整っています。安宿から高級ホテルに至るまで、wifiを完備しているホテルは多いです。ホテルでのwifiの使い方は、レセプションでユーザーネームとパスワードを聞き、入力します。また一部のレストランやカフェでもwifiを完備しているところはありますが、まだまだ多くないのが現状です。インドでは、自宅にwifiがあるのは一部の裕福な人達で、中間層以下の人々は、携帯のSIMカードから従量制で、ちょこちょこアプリチャットなどを使う人も少なくありません。

頻繁にパスワードが変わることもある海外wifi事情・インド編 頻繁にパスワードが変わることもある海外wifi事情・インド編

頻繁に変わるwifiのパスワード

そこで、この中間層以下の人たちの奥の手!?は、ホテルやレストランのパスワードをこっそり入手して近くに行き、使うというものです。ホテルやレストランのWifiも一定以上のユーザーの利用でスピードが落ちるので、Wifiを勝手に使用する人々への対策として、頻繁にパスワードを変えるのです。昨日、Wifiがつながったのに今日つながらないというようなことがあったら、もしかしてパスワードが変わったかも!?と思い、ホテルのレセプションに聞いてみるのも手ですよ。Wifiのスピードは、契約している会社にもよりますが、割と不安定だったりすることも多いです。ネットがつながらないと、時間の無駄になるので、ひとつインドでの便利な方法をご紹介しましょう。

SIMフリー携帯でインターネットパックを契約しよう!

SIMフリー携帯を持っているのなら、インドのSIMカードを入手すると便利です。筆者が使っているAirtelという会社では、料金のチャージには通話用とインターネットパック用の2種類あります。インターネットパック用のチャージ料金は、28日間で1GBまでの使用で300ルピー(約550円)ほどです。Wifiがつながらない時は、SIMカード利用に切り替えて、テザリングをすれば、PCの利用も出来るので、便利です。インドでの旅の途中も、しっかりインターネットをつかいこなしちゃいましょう!