空気を読みすぎる日本人

謙虚でシャイ、空気を読むことを得意とする日本人。私の周囲にも、他人がいやがりそうだったり、自分に自信がなかったりで、ちょっとした行動を起こすことがなかなかできない人が多い気がします。それが別に、相手に迷惑をかけるわけでないときでも同様。こんな風に心配性で、批判を気にする日本人の性格を、ある人は「謝ってばかりいる日本人」と呼びました。大して悪くなくてもとりあえず謝罪しておけば済む、とか、でしゃばらずに引っ込んでおけば安心、など、その行為が正しいか正しくないかということよりは、人間関係の和を乱さず目立たないことが重要だったりするのかもしれないですね。

すみません精神の日本と、ダメもと精神のインド ふたつの国民の違いについて すみません精神の日本と、ダメもと精神のインド ふたつの国民の違いについて

相手の迷惑は考えないインド人?

こういう日本人からすると、インド人などは正反対の性質を持っているように見えます。もちろん広大な国であり、出身地やカーストなどによっても性格はさまざまですが、基本は多かれ少なかれ似ているように思われます。つまり、図々しく強引なところ、楽観的で適当なところ、弁が立ち理屈っぽいところ、調子に乗りやすいところ、計画性や慎重さがないところなど。「相手に迷惑かも?」などということは露ほども考えていない風であるのが、時には隠し切れない親愛の気持ちの現れに思えたりもしますが、多くの場合迷惑に感じることもあります。

インド人の「ダメもと精神」に圧倒される日系企業

インドで人材派遣業を行なう、ある日本企業の記事を読むと、面白いことが書いてありました。この会社では応募してくるインド人のあまりの多さに辟易して、「ダメもと精神が発達したインド」と言い表しているのです。応募者のほとんどが必要なスキルを満たしていないとのことなので、対象外の人々が日々殺到しているのでしょう。日本人ならあきらめるのが普通なのに、インド人は自分が何かを求めてさえいれば、相手から何を求められているかということはあまり気にしない人々のようです。

インド人にダメもと精神を学べ!

何事も気に病みすぎて行動に移せない日本人。ときには自分を抑えすぎて、何をしたいかすら分からなくなってしまう傾向があり、これではあまり健全とは言えません。インド人の性格だって問題がないとはいえませんが、日本人ももっと図々しさを身につけて、自分のやりたいようにやるほうが精神衛生上よほどよさそうです。そうやってダメもとであれこれ行動することで、もしかしたら思わぬよい結果が得られるかもしれません。明るい未来を心に描いて即行動。まったく異なる性格だからこそ、インド人のダメもと精神に日本人が学ぶことは多そうです。