隠れたコスプレ大国、ロシア

ロシアではもとからある習慣や文化と、日本アニメへの情熱が結びついて新しい流行がいくつも生み出されています。その例の1つとして挙げられるのがコスプレです。ロシアのコスプレイベントの中でも代表的なのは、モスクワで秋ごろに開催される全国大会です。これは在ロシア日本大使館主催で毎年開かれていた「現代日本文化フェスティバル」の新しいイベントとして2011年からスタートしました。各々お気に入りのアニメキャラクターのコスチュームを身にまとってパフォーマンスをするといった内容です。

ロシアならではの日本アニメ愛。手作り精神が生む世界一のコスプレ ロシアならではの日本アニメ愛。手作り精神が生む世界一のコスプレ

ロシアが誇る世界一のコスプレ衣装!

イベントの規模だけで言えばロシアが特別というわけではなく、むしろ他の国でより盛大に行われています。それでもロシアが他の国と異なると言えるのは、大会参加者のコスチュームのクオリティーです。ロシア人が丁寧に手作りした衣装は、世界中のコスプレを見てきた日本人の審査員に、ロシアのレベルは群を抜いて高いと言わしめるほどなのです。

優れたコスプレの秘訣、手作り精神にアリ!

さて、それがどうロシアの伝統と関わっているのかと言うと、ロシアには身に着けるものを手作りする習慣が現在もあり、それがコスプレのレベルを高くする理由ではないかと思われます。もちろん、ロシアに洋服屋さんがないということではありません。日本人からするとちょっと古臭い印象を受けるかもしれませんが、あくまで趣味として人気があるのです。その習慣は決して年配の方に限ったわけではなく、バスや地下鉄の中で編み物をしている若者をたびたび目にすることができます。

若いロシア人にも人気な編み物

実際に若い女性に編み物をする理由を聞いてみたところ、「編み物はかっこいいイメージだから」という答えが返ってきました。手作りに対するそんな印象がコスプレ用のコスチュームをより質の高いものにしているのかもしれません。彼らのコスプレは、モスクワの大会に限らず、各地の小さなクラブで催されるイベントでも見ることができます。現地の友人ができたなら、近くでイベントがないか、尋ねてみてはいかがでしょうか?