日本人旅行者を悩ませるチップ

海外旅行の際に、日本人旅行者を悩ませるひとつが"チップ"ではないでしょうか? 日本でも冠婚葬祭の場面で、心づけや寸志といって現金包みを渡すことがあります。しかし、これはチップとは金額も意味合いも違います。日本では、素晴らしいショーを楽しんだり、特別なサービスを受けた際に渡すお金をチップといいます。ただし、この行為も日常的に行うものではないので、海外のそれとは違います。アメリカでは、日常的にチップを渡します。荷物を運んでくれたベルマンやタクシーのドアマンなど、ささいなサービスにもチップを渡すのがアメリカ流です。今回は、そのチップの相場と渡し方をご紹介します。

気になるアメリカでのチップの相場、スマートな渡し方とは? 気になるアメリカでのチップの相場、スマートな渡し方とは?

アメリカでのチップは、日本でいうサービス料

アメリカでのチップの意味合いは、サービスへの褒章ではなく、"労働賃金の一部"であることを理解しましょう。そのためチップをもらい受ける役職の労働者は、他の役職よりも賃金が低く抑えられています。ホテルでは、ベルマンに荷物1つにつき2ドル、ドアマンには乗客1人につき1ドル50セントを渡すのが常識です。端数は切り上げることを忘れてはいけません。タクシードライバーにはメーター料金の10〜15%、荷物を持ってもらったら1つにつき1ドルです。レストランでは総額の15〜25%、伝票にこのチップが含まれて記載されている場合がありますが、アメリカでは普通のことなので気を悪くしないようにしましょう。あくまでも労働賃金であり、日本でいうサービス料であることを認識しましょう。

チップは必ずお札で! ズボンのポケットからスマートに渡しましょう

気になるチップの渡し方ですが、「サンキュー」と一言加えて相当額を渡すようにしましょう。アメリカでは頻繁にチップが必要となりますので、あらかじめ1〜5ドル札を多く準備しておきましょう。財布には入れずに、ズボンのポケットからサッと出す方がスマートです。ただし、小銭を渡すのはマナー違反なので注意しましょう。もし必要な金額よりも大きなお札しか持ち合わせていない場合は、お釣りをお願いしても問題ありません。彼らにとっては労働賃金の一部なので、相当額以外は遠慮なくお願いしてみましょう。

チップの意味や相場を理解することが大切

アメリカ旅行は、このようにチップの意味や相場を理解することが大切です。チップをマスターして、スマートな渡し方を心がけましょう。