アメリカでは禁止!? 至福の歩きビール

仕事帰りに歩きながらの缶ビール、サラリーマンにとっては至福のひとときと思います。かくいう私も、仕事帰りの一本が楽しみでなりません。最近は渋谷で過ごすことが多いのですが、コンビニで購入したお酒を持った若者が目立ちます。特にセンター街は、路上で飲酒している人や酔っ払って騒いでいる人がたくさんいます。激安居酒屋が激戦区の渋谷ですが、外で飲むお酒は格別とはいえ、この様子にはいつも驚かされています。このように日本では当たり前になっている路上でのお酒も、アメリカでは禁止されていることをご存知でしょうか?

歩きながらの飲酒が禁止!? アメリカの飲酒に対する法律 歩きながらの飲酒が禁止!? アメリカの飲酒に対する法律

屋外での飲酒が禁止、人前での酔っ払いもマナー違反

アメリカでは、公共の場所での飲酒が禁止されています。州によっても法律が違いますが、自宅敷地内でのガーデンパーティーやレストランのテラス席以外の屋外では、原則お酒を飲んではいけません。日本人はお花見だったり、バーベキューだったりと屋外で宴会をする機会が多いと思います。これがアメリカだったら逮捕されてしまうというから驚きです。人前で酔っ払うこともマナーがよくないとされています。しかし、外国人が数多く集まる渋谷センター街には、缶ビールなどのお酒を持って酔っ払った外国人がたくさんいます。とても不思議な光景ですが、普段自国ではできないことですから、なんとなくわかる気もしますね。

年齢確認に要注意! 若く見られる日本人

アメリカでは、アルコール類を買う際の年齢確認も注意したいポイントです。アメリカで飲酒できる年齢は、21歳からになります。20歳から飲酒ができる日本とは少し違います。この年齢制限はとても厳しいため、発覚すれば警察に逮捕連行されますので絶対にやめましょう。また、大人であっても年齢確認をされることがよくあります。特に日本人は、実年齢よりも若く見られることが多いので注意が必要です。どんなに年齢に自信があっても、アメリカ人からしたら私たちは若いのです。お酒を購入したり、バーやクラブに行く際は、必ずパスポートを携帯するようにしましょう。