日本にはないレディファーストの習慣

男性のみなさん、普段からレディファーストを意識していますか? 日本には“亭主関白”という言葉があるように、昔から女性は男性の数歩後を歩くというような習慣がありました。未だ残る男尊女卑の風潮はひとつの社会問題となっています。しかし、もちろん最近は、このような古い習慣はなくなりつつあります。欧米化が進むにつれて、日本でも紳士な“レディファースト”という習慣が一般化してきました。アメリカでは常識のこの習慣も、まだまだ日本人には慣れないものがたくさんあります。アメリカ旅行で気をつけたい、レディファーストのマナーをご紹介します。

レディファーストが常識、女性に優しいアメリカでのマナー レディファーストが常識、女性に優しいアメリカでのマナー

建物への出入りのレディファースト

アメリカ旅行で気をつけたいレディファーストのマナーとして代表的なものが、建物への出入りです。男性は扉を開けて建物へ入るとき、必ず自分の後ろに続いて女性が来ないか確認するようにしましょう。この場合アメリカ人は、続けて入ってくる女性のために扉を開けて待っていてくれます。日本ならそのまま入ってしまいそうですし、少しわずらわしいマナーに思えてしまいます。しかし、アメリカ人は、これを笑顔で待っていてくれるのですから、私たち日本人は見習わなければならないマナーですね。日本にいても、普段から気をつけておきたいところです。

公共交通機関でのレディファースト

また、公共交通機関でも女性が最優先であることを忘れてはいけません。日本では、電車などの公共交通機関で、高齢者に座席を譲ることがマナーです。一方アメリカでは、それに加えて女性に譲ることが最優先になります。なかなか日本で高齢者ではない女性に、座席を譲るようなことはないかと思います。アメリカは何よりも女性が最優先ですので、高齢の男性が若い女性に座席を譲るなんて光景も珍しくありません。なんだか微笑ましいジェントルマンの姿ですが、アメリカを旅行する男性は、このようにレディファーストを心がけて行動することが大事ですよ。