気軽にマスクを着用する日本人

近年日本では、健康志向への高まりからか、普段からマスクを着用する人が増えたように思います。風邪や花粉症の予防のために着用する人から、喉を守るために着用する人など様々です。最近では、白以外のカラーマスクも販売されるようになり、オシャレ目的やファッションのために着用する人も増えました。特にジャニーズが着用した黒マスクが爆発的な流行となり、芸能人からアーティストまで多くの人が愛用しています。このように日本では、目的に応じて気軽にマスクを着用します。しかし、アメリカでは、マスクを着用する習慣がないというから驚きです。

花粉症にはつらい、アメリカでのマスク着用への考え方 花粉症にはつらい、アメリカでのマスク着用への考え方

感染症か強盗と疑われるって本当!?

アメリカでは、マスクを着用していると、何か“重大な感染症”にかかっていると思われてしまいます。それも鳥インフルエンザやSARSのような深刻な病気と勘違いされてしまい、周囲の不安をかき立ててしまいます。そのためマスクを着用している人には、アメリカ人は近づいてきません。また、顔を隠してしまうマスクは、強盗と疑われてしまうこともあります。特に日本で大流行中の黒いマスクは、ギャングと間違えられてしまうこともあるので、アメリカでの着用は要注意です。いらぬ誤解で、警備員や警察官の注目を集めないようにしましょう。

花粉症にはつらい、マスクを着用しないアメリカの習慣

このようにアメリカでは、ほとんどマスクを着用した人を見かけません。日本では医学的な面からも、ファッション的な面からも、マスク着用が広く浸透しています。しかし、アメリカ人からすると、病気を予防したり、拡散を防ぐためのマスクは意味のないものと考えられています。特にブタクサ花粉に要注意です。一方で、アメリカにも花粉症は存在します。私もひどい花粉症持ちですが、その時期になるとマスクは欠かせないものになります。アメリカを旅行する際は、マスク以外の花粉症対策を考えたほうがよさそうですよ。