トイレでチップを払う?

海外の旅行先で、トイレに係員がいて、利用料金もしくはチップを支払うシステムは、なれないとびっくりしますね。私がみたところ、だいたいその土地のコーヒー代の半分程度くらいがトイレの利用料金となっているところが多いように思います。トイレを利用する際の料金表があるところは、おつりもくれますが、小銭はいつも持ち歩くようにしましょう。“緊急事態発生!”のとき、トイレに行けないなんて悲しすぎます。私は常に小銭入れを持ち歩き、すぐにトイレのチップを出せるようにしています。

どうしてヨーロッパではトイレに行くのにチップが必要なの? どうしてヨーロッパではトイレに行くのにチップが必要なの?

なぜ有料のトイレが多いか

なぜヨーロッパでは、トイレが有料かというと、私はセキュリティの面が大きいと思います。公衆トイレは変な人がたむろったり、備品が汚されたり壊されたりという危険性があります。日本でも、ひどい状態の公衆トイレがありますね。ですが、お金を払ってまで、へんな人は公衆トイレの中に入ろうとしないでしょう。それに、入り口に係員がドンと待ち構えていれば、備品を汚したり壊したりする人もいません。そんなわけで、私はトイレの利用料金は、セキュリティのためのものだと考えています。海外では水と安全はタダではないとよく言われますが、まさにそうだと思います。

できるだけ無料トイレを使いたいなら

日本の有料トイレは有料だけあって、とても綺麗に掃除がなされていますし、お化粧なおしの鏡も立派なものがあったりします。ところが、ヨーロッパの有料トイレは、掃除の係員の采配によるといいますか、それほど綺麗でないこともあります。綺麗好きの係員がいるトイレは、ぴかぴかで気分がいいですが、そうでない場合は、トイレの利用料金は安全料だと割り切りましょう。なにしろ、有料でも便座もないトイレもあるのですから。それでも、できるだけ無料のトイレを使いたいときは、美術館のトイレがおすすめです。たいていの美術館のトイレは無料ですし、セキュリティのスタッフが巡回しているので安全です。トイレに行くついでに芸術鑑賞というのも、何かが違う気がしないでもないですが、いいのではないでしょうか。