タイの雨季を感じる「スコール」とは?

「今、本当にタイにいるのかしら?」と言いたくなるほど、運が悪いと雨ばかり。何日も1日中、雨が降り続くのです。もうタイとは思えません。タイの雨季は5月中旬から10月頃までです。しかし雨季と言っても、日本の梅雨と違い、1日中降り続くなんてことはありませんでした。スコールと言って、急に空が暗くなったと思ったら、空が割れたような大雨になり、30分ぐらいで嘘のように晴れ上がります。雨の後は気温が下がって、過ごしやすくなるので、正直言って、スコールが待ち遠しいぐらいです。

雲がムクムク湧き上がってきたら、スコールがやってくる 雲がムクムク湧き上がってきたら、スコールがやってくる

ただいまバンコク付近でスコールに異変あり!

今、雨季のバンコクのお天気が変になっています。もともとスコールは朝夕に降ることが多く、しかも短時間で終わるので、旅行には大きな影響はありません。スコールが始まったら、ショッピングモールなど屋根があるところに避難していたらいいだけです。スコールが終われば、再び観光開始! そんなスコールを今回、私がバンコクに滞在していた6日間、一度も体験できませんでした。「おおっ!これが東南アジアのスコールか!」というのも感じてみたかったのに。それよりも問題は、タイ北部の雨季です。

タイ北部の雨季にも異変あり!

タイの古都、チェンマイやミャンマー国境に近いチェンライの雨季のお天気が、今、強烈におかしいのです。長雨が続きます。もともとタイ北部では雨季の終わりが近づくと、連日、雨が続くと言われていました。今はそうでなくても長雨です。一端降りだすと数日にわたって降り続くので、なんだか日本の梅雨みたい。ロングステイの日本人が多いチェンライに行くと、「連日の雨でもう嫌になっちゃったよ」なんて言葉を耳にすることが年々、増えてきました。昨年のお盆の時期、チェンライに行ったときは、運悪く3日間とも1日中雨でした。

タイ北部で長雨に当たってしまったら?

チェンマイやチェンライの旅は、ここを起点に山岳少数民族の村を訪ねたり、自転車を借りて中心部のお寺巡りをするなど、お天気に恵まれていないと困る内容のものばかりです。運悪く長雨に当たってしまったら、上がるのを待つより、あきらめて現地でレインポンチョを買いましょう。こうなったら、レインポンチョをかぶって、気合で観光です。日本のお天気も温暖化の影響でおかしくなっていると言われていますが、タイの雨季も相当おかしくなっています。特にタイ北部のしとしと降る長雨、本当にやっかいです…。