“温泉”が見どころの国立公園ツアー

前にコスタリカの日本人ガイドさんに「日本人に一番人気の国立公園は?」と聞いたことがあります。「いろいろありますが、アレナル火山国立公園でしょう。温泉が嫌いな人はいいませんし」という返事でした。今も活動する火山の麓にあるこの国立公園は、観光のメインは動物やトレッキングではなく、火山を眺めながら、ゆったりと温泉に浸かることというのがユニークです(実際には温泉リゾートは国立公園のすぐ外側にあるのですが)。

溶岩流を見ながら豪快に温泉に浸る。アレナル火山国立公園 溶岩流を見ながら豪快に温泉に浸る。アレナル火山国立公園

充実した温泉リゾートが魅力

首都サン・ホセから4時間ほどで、バスはフォルトゥーナの町に着きます。ホテルは町中に安宿から中級までありますが、1泊100ドル以上のリゾートは町の郊外に点在しています。温泉リゾートで最も有名なのは、この町の郊外10kmほどにあるタバコン・リゾートでしょう。温泉といっても広い敷地内に、大小いくつもの温泉プール、ジャクージ、スパがあり、各プールを温泉の川が結んでいるという総合施設。そして温泉プールの中にはバーがあり、温泉に浸かりながらお酒をいただく、ということもできます。外国の温泉なので、もちろん水着着用ですよ。最近ではタバコン・リゾートをまねしていますが、もっと安く行けるリゾートも増えてきました。

湯に浸かりながら溶岩が流れる大自然を感じる

さて、こうした温泉リゾートは世界各地にあると思いますが、ここの特色は温泉から眺めるアレナル火山がまだ活動を続けている火山ということです。昼間だとわかりにくいのですが、夜になるとオレンジ色の溶岩が一筋の糸となって流れて行くのが今でも実際に見えます。この溶岩流は周囲が暗ければ暗いほどよく見えるので、たいていのリゾートすせ町の郊外にあるのです(町中は明るすぎてよく見えません)。できれば温泉リゾートに泊まって、ゆっくりしたいところですが、宿泊費が高いという人には、ビジターとして温泉だけ利用できるツアーも町から出ています。

昼間も楽しめるエクスカーションがいっぱい

「夜は温泉でもいいけど、昼間は何をすればいい?」という人もご安心ください。そういう人のために、ここでは現地発ツアーがかなり充実しているのです。ツアーは町の旅行会社や、ホテルで申し込めます。火山の麓の原生林や固まった溶岩の上を歩くトレッキング、ニカラグア国境近くの川をボートで移動し水鳥を観察するカーニョ・ネグロ野生保護区ツアー、乗馬ツアーなどが人気です。私は馬に乗って数km先の滝まで行く乗馬ツアーに参加しましたが、馬に乗るのは初めてで、かなりワイルドな体験でした(笑)。