スペイン人に人気のパワースポット

バルセロナからのショートトリップといえば、まず名前があがるのがモンセラ。モンセラとはカタルーニャ語で「のこぎり山」という意味で、その名の通り、遠くから見るとギザギザした“のこぎり”のような、岩山がごつごつと切り立った不思議な形をした山です。その奇観ゆえか、古くからキリスト教の隠遁者が隠れ住み、またカタルーニャの信仰の聖地として多くの巡礼が訪れてきました。山の中腹にひっそり隠れるように建つ修道院はスペイン人のパワースポットとして有名で、大聖堂中庭の中央に立ち、両手を空にかざしてパワーを得ようとする人々が絶えません。

バルセロナ近郊の絶景&パワースポット「モンセラ」にショートトリップ! バルセロナ近郊の絶景&パワースポット「モンセラ」にショートトリップ!

黒いマリアと少年聖歌隊

モンセラの修道院には、観光客だけでなく、世界中から団体で多くの巡礼が訪れます。修道院付属の大聖堂の主祭壇の上には、キリストを抱く黒いマリア像が信仰のシンボルとして安置され、その右手に持つ天球に触れると願いが叶うとされています。大聖堂右手に黒いマリア像に続く通路があるのですが、夏の観光シーズンには2時間待ちの長い行列ができるほど混み合います。もうひとつの見どころは、「エスコラニア」と呼ばれる少年聖歌隊の合唱です。一日2回のミサの後に行われる彼らの合唱を聴くために、この時間になると大聖堂内は観光客で溢れかえります。

標高1200mからの絶景

修道院から周囲を見上げると、目の前に今にも崩れ落ちそうな岩山が迫ってきます。上を見ても下を見ても素晴らしい眺めですが、お天気のいい日にはケーブルカーに乗って、標高1200mのサン・ジョアン展望台まで昇ることをおすすめします。のこぎり山とモンセラを眼下に、晴れていれば遠くにピレネーの山並みも見える絶景で、「モンセラの真髄はここにある」と私は思っています。この山には手軽な散歩コースからトレッキングコースまで、いくつものルートがありますので、修道院見学だけで帰らずに、是非気持ちのいい山の散歩を楽しんでください。巨大な岩に張り付いてロッククライミングを楽しむ地元の人の姿も見られます。

宿泊も可能 地元のお土産も手に入れよう

ほとんどの人は日帰りでモンセラを訪れると思いますが、修道院横にはホテルもあり、一晩滞在することもできます。お昼のミサは観光客で混み合いますが、夜のミサはひっそりと厳かで、聖歌隊の合唱もまた清冽に感じます。静かな聖地の夜こそ、パワースポットとしてのエネルギーが溢れる時かもしれません。また、広いショップでは聖歌隊のCDやモンセラで取れる特産品など、レアなお土産を手に入れることができます。駐車場に向かう歩道沿いには地元の農家の屋台が並び、ここでも農家の自家製チーズやハチミツ、ソーセージが売られています。このような地方の物産のお店は、バルセロナの街なかには少ないので、珍しいお土産探しにお勧めです。