地中海沿いの暖かな日差しを感じる春の祭り

コートダジュール地方の最東端、イタリアとの国境にもほど近いところにマントンという街があります。この地域では温暖な気候を利用して、レモンやオレンジなど柑橘類の栽培が盛んに行われています。毎年2月から3月にかけて、春の訪れを告げるのが、世界的にも有名なニースのカーニバル。それと同じ時期に、ニースからほど近いマントンの街で行われるのが、その名も「レモン祭り」です。2013年には第80回を迎えた歴史のあるお祭りですが、小さな町を会場に、どこかのんびりとした雰囲気が魅力です。

南仏に春を告げるマントンのレモン祭り 南仏に春を告げるマントンのレモン祭り

祭りの間はマントンの街が黄色に染まる

レモン祭りが始まると、ビオヴェス公園に、本物のレモンやオレンジの果実を使って作った巨大なオブジェが展示されます。どれも趣向を凝らした作品ばかりで、公園中が鮮やかな黄色やオレンジ色に彩られる様は圧巻です。また、祭りの期間中には、山車が練り歩く「夜のパレード」や「レモンのパレード」などのプログラムもあります。街角では職人(手作り)の展示会も開かれるので、この地方の特産品や民芸品などの商品を買うこともできます。お土産には、やはり特産の柑橘類を使った商品が一番人気。レモンやオレンジのコンフィチュール(ジャム)や、レモンを使ったリキュールなどは香りも抜群でおススメです。

祭りの時期はツアー料金も安いのでおススメ

2月から3月は、観光のオフシーズンということもあって、フランスへのツアー料金がかなり手ごろな料金になっている狙い目の時期。温暖な気候のマントンは、同時期のパリに比べるとかなり暖かく感じるので、パリと南仏を組み合わせた旅もおススメです。レモン祭りの時期は、フランス国内からも大勢の観光客が訪れます。マントン自体は小さな町なので、ホテルなどは早めに予約するのをお忘れなく。近郊にはニースをはじめ、魅力的な南仏の街が点在しているので、レンタカーを借りてのんびりと地中海沿いをドライブするのもおすすめですよ。