海岸線は複雑なほどいい!!

地図好きな旅の友人がいるのですが、彼は海岸線が複雑に入り組んでいればいるほど興奮するのだそうです。海に浮かぶ島も、その形が複雑であるほど興味が湧き、旅情をかきたてられるのだとか。人の好みは様々ですね。そんな友人が大好きなのが「フィヨルド」です。数万年の永い歳月をかけて、一年に数百メートルというスピードで氷河が大地を削り取ってつくり上げた深い谷に、海水が入り込んでできた地形をフィヨルドといいます。フィヨルドといえば北欧のノルウェーが有名ですね。海から屹立する急峻な岩壁が複雑に入り組んだ、雄大な風景が続くフィヨルドの中をいくクルーズが人気です。

フィヨルドの島をレンタカーでドライブ!【デンマーク・フェロー諸島 その1】 フィヨルドの島をレンタカーでドライブ!【デンマーク・フェロー諸島 その1】

「世界で最も憧れの島」をドライブ

雄大なフィヨルドのクルーズのほかに、もうひとつフィヨルドを楽しむ方法があります。それは、レンタカーでフィヨルドの複雑な海岸線をドライブすることです。今回おすすめするデンマーク領フェロー諸島は、それぞれがフィヨルド独特の入り組んだ海岸線を持つ18の島から成り、北欧バイキングの末裔たちが漁業を中心に交易をしながら、ほぼ自給自足の生活をしてきたという非常にユニークなところです。バイキングの文化と伝統を今も色濃く残し、2007年にはナショナルジオグラフィックトラベラー誌の「世界で最も憧れの島」に選ばれました。

ヨーロッパ一小さな首都トゥシャウン

デンマーク領とはいえ行政は自治政府によって行われているフェロー諸島の首都は、ストレイモイ島のトゥシャウンです。私は空路の玄関口となるヴェガー島の空港でレンタカーを借りて、地下トンネルを通ってストレイモイ島に渡り、トゥシャウンの街に宿を取りました。この地下トンネルは2002年に開通したばかりで、それまではフェリーでしか渡れなかったそうです。レンタカーで島を巡るにはトンネルの開通はありがたいですね。ヨーロッパで一番小さな首都トゥシャウンは港町で、カラフルな建物が並んでいるところはコペンハーゲンのニューハウンをものすごく小さくしたような感じです。旧市街は迷路のような狭い路地に木造の家が並び、草の生えた屋根の家々も見られます。

バイキングの末裔たちが暮らす小さな村を巡る

島中に広がる変化に富んだ絶景が旅人を魅了してやまない国、フェロー諸島。フィヨルドの谷は一見なだらかな「丘陵」ですが、実際に車で走ってみるとそのスケールの大きさを体感できます。夏にはどの島も一面が牧草に覆われ、柔らかい緑が目に沁みます。フィヨルドの最深部や島の先端の入り江にある小さな村々には、おとぎの国に迷い込んだようなかわいらしい教会や家々が建ち並び、短い夏の間はあたり一面が小さな野の花で埋め尽くされます。大きな石を礎石や壁に使い、黒く塗った木造の家の屋根の上に草を生やしているこの地方の独特の家も、こうした村に行くと見ることができます。(2に続く)