世界遺産に登録された渓谷

アルゼンチン最北部にあるウマワカ渓谷は、リオ・グランデという河川の浸食により形成された南北150kmに渡る渓谷です。この渓谷一帯は標高2000mを超え、草木もまばらな独特の景観をしています。インカ文明以前に栄えたアンデス文明の遺跡やインディヘナの暮らす小さな村が点在しており、2003年には世界遺産に登録さています。このウマワカ渓谷には観光地として旅行客が訪れる村が4つあります。いずれも、インカ時代の遺跡、スペイン統治時代の教会などが見どころです。

アルゼンチンのプルママルカにある、鉱物に染められた7色の山々 アルゼンチンのプルママルカにある、鉱物に染められた7色の山々

文化、歴史だけでなく自然も素晴らしい

ウマワカ渓谷にある村の中で私のおすすめは最も南に位置する村「プルママルカ」です。のどかなこの村には小さな教会と小さな中央広場があり、そこに観光客も地元の人々も集います。素朴な村人が行き交う広場周辺には、かわいいお土産を並べているお店がいっぱいです。また、この村の周辺は、特徴のある色合いの山々が広がっています。

虹色の山肌を望む

プルママルカの村には、たくさんの観光バスが停車します。なぜなら、ここには7色に見える山々があるのです。草木がないこの山々はその断層ごとに異なる色合いの鉱物を含んでいて、色とりどりの山肌を見せるのです。こうして山々は赤や緑、黄色、青の色彩あふれるグラデーションがつき、不思議な風景が見られるのです。それらを一望できる展望ポイントでは、この山のカラフルな砂を入れ、山の景色を砂で描いたガラスの小瓶が売られています。中には、白いアルパカがビンの中に砂で描かれているものもあり、とてもかわいいです。

町と7色の山々が生み出す景色

村には山につながる細い道がいくつもあります。私は村のはずれにある小さな岩山に登ってみました。標高2200mにあるプルママルカの村では、空気が薄くて息切れしやすいですが、サボテンに触れないよう気を付けて岩山を上りました。頂上に立つと、心地よい風が吹いていました。村を見下ろすと、その背景には7色の山々が見えます。絵に描いたような、不思議なグラデーションをもつ山々。あなたの旅のプランのひとつに、お加え下さい。