え?CGでなくて本物のブランコ?

日本人ならほとんどの人が知っているあの有名なアニメ「アルプスの少女ハイジ」のオープニングでハイジが乗っているブランコに乗ってみたいと思いませんか?アニメでは空から吊るされたブランコですが、CGではなくあんな風に乗れる実物のブランコがあるのです。誰しも一度は乗ってみたいと夢見たあのブランコがエクアドルのバニョスという町の近郊にある「カサ・デ・アルボル」という場所にあります。どんな場所なのか紹介しましょう。

アニメ「アルプスの少女ハイジ」のあのブランコに乗れる、エクアドルのバニョスへ アニメ「アルプスの少女ハイジ」のあのブランコに乗れる、エクアドルのバニョスへ

山の上にある木の家

カサ・デ・アルボルは日本語で「木の家」という意味で、木の上に小さな小屋を建てたバニョスの観光名所の一つなのです。行き方は3つあります。バニョスの町から1日3本出ているバス、またはタクシーに乗り30分ほどでカサ・デ・アルボルの入り口に行けます。もう一つは往路4時間のハイキングです。私は景色を見ながらのんびり歩く後者の方法で向かいました。標高2000mを超えるバニョスの町からさらに山を登るので、体力や体調と相談して選択するといいでしょう。

いよいよあのブランコに乗れる

到着したカサ・デ・アルボルの入り口で入場料US$1を払って入ると、芝生が広がる丘の先に一本の木が見え、その周りにだけ人が集まっていました。なぜならその木の上には小屋があり、また同じその木の両側にそれぞれブランコが設置されていました。そう、ここがアルプスの少女ハイジになれる場所なのです。え?空からブランコが吊るされていない? いえいえ、ブランコに乗って撮影する角度を調節すればこの写真の通りです。

高所恐怖症の人にはちょっときつい

このブランコの下には弧を描くような足台があります。実際にこぎ始めると目下は崖!!そして、目の前の山(休火山)に向かってこぐのです。人がブランコに乗ると、誰かしら背中を押してくれるので高く、高くブランコがスイングしていきます。ブランコのロープがつながっているポイントを写真のフレーム外になるように撮影するといかにもハイジのブランコのように見えますよ。「アルプス」でなくて「アンデスの少女ハイジ」になってみませんか。