世にも珍しい岩のような生物が残るシャーク・ベイ

オーストラリア西のパースから車で北上すること8時間の距離に、「シャーク・ベイ」とよばれる世界自然遺産があります。この辺りには「ストロマトライト」と呼ばれるシアノバクテリアとミネラルが固まった岩のような、光合成を行うという珍しい生物が棲んでいます。多くは35億年前に生息し、現在は化石になってしまったのですが、ここオーストラリアのシャーク・ベイでは、まだ化石でなく生きているのものが残っているのです。

淡いピンク色をした、2枚貝の貝殻だけでできたビーチ 淡いピンク色をした、2枚貝の貝殻だけでできたビーチ

貝殻だけでできた「シェルビーチ」

この地区には世界に2つしかない珍しいビーチがあります。それは貝殻だけでできた「シェルビーチ」です。訪れて遠くから臨むとただの白いビーチなのですが近づくと、裸足では歩けないほどびっしりの貝殻がビーチを作っていることがわかります。貝殻の色は白というより淡いピンク色。サンダルで歩くと「ジャッ、ジャッ」と音が聞こえ、広がっている貝殻に特色があることがわかります。

4000年前から堆積し続けた貝殻

この地域は強い直射日光により水分が蒸発しやすく、海水の塩分濃度が他よりも高い状態になっています。この環境下で生息できる生物は限られており、その中に2枚貝である「ハメリン・コクル」という貝がいました。その貝がこのビーチに堆積を続けること4000年、その距離は110km、不可さ10mになったと言われています。ビーチから海に入って底を見ると貝殻はなく、シェルビーチの貝殻は風と波によって陸に押し上げられてできたことがわかります。

ツアーに参加して行ってみよう

このシェルビーチおよびシャーク・ベイへ個人で行くには、リスクがあります。道が舗装されていても、砂を巻き上げる風が吹いているので運転スキルが必要なのです。個人的に行くならば、パースの旅行代理店でツアーに参加するのが良いでしょう。最短のスケジュールでも3泊4日となりますが、シェルビーチへ行く途中ではたくさんの大自然に触れることもできます。さあ、世界に2つしかないという、貝殻でできたシェルビーチを訪れてみましょう。