中国のホテルの種類はさまざま

初めて中国を訪れた人は、宿泊施設の種類の多さにとまどうかもしれません。中国には旅社、招待所、賓館、大廈、飯店、酒店といった施設があり、どれも宿泊できる施設であることを意味しています。どの名前がついているかで大体のクラスがわかり、たとえば旅社と招待所は、格安で設備もそれなりであることが多いです。大廈や飯店、酒店は比較的高級なホテル。大飯店や大酒店ともなると、さらに高級感がアップします。賓館は中級から高級ホテルにつけられることが多いようです。

中国のホテル事情。名前で大体のランクを見分けよう。おすすめのホテルもご紹介 中国のホテル事情。名前で大体のランクを見分けよう。おすすめのホテルもご紹介

外国人が泊まれないホテルもある

中国では、外国人が泊まれるホテルと泊まれないホテルが分かれています。旅社や招待所などの安ホテルが、外国人が泊まれない場所の代表ですが、田舎に行くとあっけなく泊まれてしまったりします。これは、外国人が中国に滞在する場合は宿泊登記が必要で、その登記をしないことを厳しく取り締まっている町と、そうでない町があるためです。とはいっても、都会か田舎かは必ずしも関係なく、小さな町でも旅社や招待所に泊まれないこともあれば、省都クラスの大都市でも泊まれることが稀にあります。安いホテルに泊まる場合は、自分が外国人であることを告げてからにするといいでしょう。

ユースホステルも旅の情報集めにいい

観光地を中心に中国全土にあるユースホステル(青年旅舎)。ドミトリー形式の部屋と個室の両方をもち、比較的安いので若者に人気です。設備はいいとは言いがたいですが、田舎でもだいたい無線LANが使え、スタッフも英語を話すうえ、自転車の貸し出しなど便利なサービスがあり、世界各地から集まった旅行者と話して旅の情報を得ることもできます。町によっては伝統家屋を利用した趣あるユースもあるので、チェックしてみるといいでしょう。ユースホステル会員であれば、宿泊料金が少し割り引かれます。

おすすめの経済型連鎖酒店

また、近年中国で勢いを増しているのが「経済型連鎖酒店」。日本で言うビジネスホテル風チェーンのことで、全国展開している企業から、一部エリアで見られるホテルまでさまざま。ホテルの室内は機能的で清潔。机やシャワー、トイレ、エアコン、インターネット回線などが揃っており、しかも値段も1泊1500元程度からと良心的です。ただし、近年外国人が泊まれないホテルも増えてきているとのことなので最初に確認を。旅のホテル探しには苦労がつきもの。安心できる宿泊施設を素早く見つけて、じっくりと観光できる時間を確保したいものです。