コンシェルジュって、どんな仕事をする人?

ホテルのフロント近くにある「コンシェルジュデスク」。座っているのは服装もおしゃれで物腰も落ち着いたスタッフで、慌ただしく動くほかのスタッフよりちょっぴり偉そう=話しかけにくいと思うかもしれません。「宿泊客の要望になんでも応える」のが彼らコンシェルジュの仕事で、レストランやツアー予約、道案内、おすすめスポット紹介、捜し物など、リクエストがあれば原則として何でも対応してくれます。業務内容が幅広い上、ゲストの予算や宗教など様々なことに配慮が求められるので、豊富な知識と経験、人脈が必要とされ、ホテルの中でもえり抜きのベテランが配置されます。

「コンシェルジュ」を活用して旅をもっと楽しく 「コンシェルジュ」を活用して旅をもっと楽しく

気が利くコンシェルジェなら

優れたコンシェルジュともなると、ゲストの要望以上の手配も朝飯前。例えば、あるホテルのお得意様が記念日ディナーの手配をコンシェルジュに依頼したところ、ディナー後に部屋に戻るとホテルからのプレゼントの花束と、ベルボーイやハウスキーピングも含めたたくさんのスタッフの寄せ書きが届いていた……といった素敵なエピソードもあるのです。

特別な日の食事や趣味など、大事なことほど相談したい

旅慣れていないとちょっととっつきにくい感じもしますが、旅のプロである彼らを頼らないのはもったいないことです。言葉が苦手でも大丈夫。英語が母語でない、たくさんの国のゲストと普段から接しているので、片言でもだいたい聞き取ってくれます。日本人ゲストが多いホテルだと、日本人コンシェルジュを置いているところも少なくありません。特別な日の食事や、自分の趣味が関わる見どころなどは相談してみるのがおすすめです。「このアニメの舞台になった、この画像みたいな場所があるはずなのですが」といったユニークな質問には逆に張り切って応対してくれるでしょう。予算や時間など制限がある場合も積極的に相談を。

ゲストハウスのスタッフは有能なコンシェルジュ

格安ホテルやゲストハウスにはコンシェルジュはいないのでしょうか? 確かに「コンシェルジュ」プレートを掲げたデスクはありませんが、同じ役割を果たしてくれるのがホテルのスタッフ。多くが近所に住んでいるので、地元の情報は誰よりも詳しいのです。特に食べ物については、ガイドブックやネットの情報に頼るのでなく、「おすすめの名物料理ってなに?」「あなたがお気に入りのレストランってどこ?」とちょっと聞いてみれば、身を乗り出して教えてくれるはずです。ちなみにこういうところでも頼りになるのは女性の情報。おいしくて安いところを知ってるのは、世界のどこでもたいていが女性たちです。