新しい旅の形「アグリツーリズモ」

イタリアで生まれた「アグリツーリズモ」とは、アグリカルチャー(農業)とツーリズモ(旅行)を組み合わせた造語で、もともとは農作業を手伝いながら宿泊するスタイルとして提唱されました。都会の人が自然に触れながら、畑で採れたての有機野菜や、自家製のパンやパスタ、さらにオリーブオイルやワインを味わえるとあり、イギリス国内ではたちまち人気となりました。今ではアグリツーリズモは本格的な農作業より、田舎暮らしを気軽に体験できる自然一体型の宿泊施設として変化していき、日本からの旅行者も増えています。

イタリアで楽しむアグリツーリズモとワイナリー イタリアで楽しむアグリツーリズモとワイナリー

イタリアの自然や風土を肌で感じられるのが人気の秘密。

宿泊施設は大規模のところから、家族経営で営むアットホームなところまで様々です。栽培されるものも、野菜やオリーブの栽培、酪農、養蜂など多岐にわたります。滞在中の食事も、キッチン付きで自炊できる部屋、食事を提供してもらえるところと自分の希望にそって選ぶことができます。アグリツーリズモが盛んなトスカーナ地方ではワイン栽培農家が営む施設も数多くあり、ワイン好きの方に是非おすすめです。

ワイナリーが営むアグリツーリズモもあります。

ワイン栽培農家では、有機栽培のワイン葡萄畑で、ぶどうの摘み取りを手伝ったり、醸造工程を見学してワイン作りのすべてを知ることができます。さらにワインセラーで自家製ワインのテイスティングを楽しんだり、新鮮な地元の食材とワインをゆっくりと味わったり…。ワイン好きな方にとっては、至福の時間を過ごせるでしょう。きっと普通の観光旅行では体験できない思い出になります。

宿泊の予約はインターネットや専門の旅行会社で。

英語やイタリア語が堪能なら、自分でインターネットを使って直接予約をすることもできますが、心配だったら旅行会社にお願いしてもいいでしょう。近年、日本でもアグリツーリズモの人気の高まりを受けて、それを専門とする旅行会社もあります。現地では最寄り駅までの送迎サービスをしてくれるうえに、農園の中とはいえ、宿泊施設もホテル並みに設備が整っているところも多く、街に滞在するより、より身近にイタリアを体験することができるでしょう。