日本人は旅行が好き

あなたの周りで「旅行が好きな人はいませんか?」と聞かれて、「いいえ」と答える人は少ないかと思います。私の主観ですが、日本人はとても旅行好きで、海外旅行への関心も高い人が多いと思います。そのおかげで、自らが旅行する前に、既に行ったことのある人の経験や情報をブログや本を通して、入手することができますよね。では、現地ではどうでしょうか?行った旅行先で、日本人と出会い、旅行情報を教えてもらったことが何度もあります。そして、その恩恵を気軽に受けられるのが、日本人宿ではないでしょうか。

日本人向けペンションに行くと、こんなお得が! 日本人向けペンションに行くと、こんなお得が!

ホテルにはない日本人経営のペンションの温かさ

日本人ペンションのありがたさを感じるのは、英語が通じないような地域を旅行するとき。宿に着いてから、片言の英語でやりとりするストレスがなく、たいていのスタッフが日本語を話すことができます。現地の男性と結婚されて、宿を運営している日本人女性に会ったこともあります。オーナーは気さくな感じの方で、旅のアドバイスをしてくれました。日本語で話せるので、ありがたかったです。宿には、そのメリットを目的に宿泊する日本人の方が多いようです。また、観光を終えて宿に戻ってくると、「お帰り」の挨拶。何だかホッとします。

清潔と安全は日本レベルをクリア

旅行中、日本食に飢えたときにも利用価値があります。和食を提供してくれるペンションもあるからです。言葉の通じない海外にいると、癒される場所は日本語が話せたり、日本食が食べられるところだったりします。また、日本人オーナーだと、部屋や共同シャワールームの清潔度は日本人の基準をクリアしていると思います。宿のセキュリティ体制も、日本人レベルで考えていますので、安心ですよね。ペンションは部屋数も少ない宿なので、人気ペンションに宿泊希望の場合は事前予約をお勧めします。

日本人が集まる宿を利用して、ツアーに参加

海外の辺鄙な場所を訪れるときなど、自分達だけで行くのは不安もありますよね。ペンションではないけれど、日本人が集まる安宿もたくさんあります。カンボジアで、日本人旅行者が集う安宿が企画したツアーに申し込んだことがあります。宿泊者でもない私たちを、快く参加させてくれました。一緒に行くのが皆日本人なので、安心してツアーを楽しむことができました。ちなみに、大都市にはもちろんですが、中東のシリアやイラン、アメリカ大陸最南端のウシュアイアにも、バックパッカーが集う日本人向けの安宿があります。