友情にヒビが入らないためには

誰と一緒に海外旅行へ行きますか。恋人や家族という方もいると思いますが、私は友達と一緒することが一番多いです。一人旅も好きですが、ツアーなら一人参加は料金が高くなり、個人旅行にしてもホテルのシングルの部屋は割高になります。金銭的なメリットもありますが、旅で得られた感動を共感できる人と一緒だと、良い思い出になりますから。ただし、おんぶにだっこ状態の友達とは2度と一緒に旅行したくないと思いました。責任がすべて自分にかかってきて、疲れてしまいました。友情にヒビが入らないためにも、ポイントは旅行スタイルの合う友人と行くことでしょう。

友情にヒビが!二度と一緒に旅行したくないと思った、その訳は? 友情にヒビが!二度と一緒に旅行したくないと思った、その訳は?

口論は疲労と些細なことから始まる

友人と初めて個人旅行したとき、スケジュール通りにうまく旅程が進みませんでした。行きたいところがまとまっておらず、どうやって行くかなどの事前情報を調べもできていなかったのが原因です。互いに行きたいところに行けなく、現地言語が話せないこともさらに事情は悪化させていきました。疲労も重なり、些細なことで口論が増えていきました。友人との旅行は、時間や旅行スケジュール、お金に余裕があることが教訓になりました。現地でのトラブルがあっても対応できる余裕がお互いにあれば、口論は避けられるからです。

自分と旅行スタイルの合う友達

ところがその翌年、同じ友人とフランス・スペインを旅行することに。2カ国周遊するので、各国を一人づつが担当することにしました。互いの行きたい場所を話し合い、ルートを決めたりそれに必要な情報を集めるのを担当に任せる、ということです。これがうまくいったのも、お互いに旅のスタイルが似ていたからだと思います。何も決めずに行く旅行が好きな人なら、合わなかったかもしれません。旅のスタイルが異なるなら、行く国を選んだ方がいいでしょう。ゆっくり何もしないで過ごしたい場所

一番いいのは、気心知れた友達と行く!

友達と旅行へ行くときは、場所選びも大事です。誰かと一緒に行ってこそ楽しかったり、一人で行くには不都合な場所もあります。そして、行きたい国や場所が合わなければ、一人で行くことにしています。わがままに、盛りだくさんある見たいスポットを突き進むなら一人旅で充分です。また、同行者がいると気を使いすぎて、疲れてしまうタイプの人は、友人とツアー旅行の利用するのがお勧めです。とはいえ、口論することがあっても、その後に仲が戻る友人としか旅行へ行かないのが、一番ですね。