屋外ラウンジもぜひ利用して!

前編からの続きです。さて、「アイクラブ・ションワン・ホテル」は、ロビーとつながっている屋外ラウンジもいい雰囲気です。香港のこのクラスのホテルでは、ホテルの説明に「庭園あり」と謳っていることが多いのです。しかし実際は、ビルに取り囲まれ室外機がブンブン唸る中に申し訳のように作られた屋外空間…というのはよくあることです。しかしここは、朝食をとったりおしゃべりを楽しんだりするのに十分なラウンジだと思いました。

ちょっと衝撃的なトイレのドア。すりガラスです ちょっと衝撃的なトイレのドア。すりガラスです

部屋はたしかに狭い、けれども十分にステキ

さて、肝心のお部屋ですが、まずは一言、「狭い」です。しかし「狭苦しい」とは感じません。部屋も白いインテリアにガラスを多用した軽いムードに仕上げており、コンパクトでカッコイイのです。もちろん新しいということも相まって、清潔そのもの。アメニティーもひととおり揃っているし、エスプレッソマシーンもあるんですよ! こういう、キレイでしかもキュッと機能を凝縮した空間にいるのは、実に快適ですよね。

注意点もしっかりチェックしてきました

ただし、いくつか注意点はあります。まずトイレのドアはなぜかすりガラスなので、座っている姿は透けて見えてしまいます。二人で泊まる人は、その点を覚えておいてください。また、部屋の向きによっては空調が寝ているベッドに直接当たることがあるので、冷房を強くかけすぎないなど工夫してください。そして、Nespressoのエスプレッソマシーンはあっても、使っているコーヒーはNespressoではありません(おいしいのですが)。また、フリーの水のボトルが置いてありますが、ミネラルウォーターではなくドリンキングウォーター(飲用の蒸留水)です。簡易ホテルですから、そのあたりは過度に期待しすぎないようにしてくださいね。

それでもやっぱりおすすめのホテルです!

朝食は、コーヒーなどの飲み物、パン、ヨーグルト、フルーツなどの簡単なものですが、ロビーラウンジと屋外ラウンジでとれます。また、ホテル付近にはおいしい朝食が楽しめるカフェなどもたくさんありますから、外に出てもいいでしょう。上環は、飲食店の老舗とニューカマーが並び立つ、競争の激しいエリアです。ピカピカで快適なホテルと、上環の町歩きを、ぜひ両方楽しんでください! 宿泊料金は10000円〜15000円くらいと、日本のビジネスホテルの感覚からするとやや高めですが、「高すぎる!」とは感じないはずですよ。