子供と一緒に空の旅をする前に確認しておきたいこと。

一人旅やカップルでの旅なら慣れているという人でも、新しい家族を迎えて初めての家族旅行となれば勝手が違うものです。特に長時間、密室になる飛行機での移動に不安はつきものですね。「機内での座席は? それに荷物も多いし、泣いてしまったらどうしよう…」。つい心配ばかりが先走ってしまいますが、そんな時は事前に色々調べて不安を解消しておきましょう。ほとんどの航空会社では赤ちゃん、子供連れの乗客のための様々なサービスを用意しています。上手に利用して楽しい旅にしたいですね。

座席は何歳から必要? 年齢によって航空運賃が変わるので注意しましょう。

一般的に国際線の航空券では、満2歳までは幼児運賃(座席無し)、2歳から12歳までの小児運賃(座席あり)とに分かれており、幼児運賃は大人の約10%、2歳以上〜12歳未満になると、大人運賃の約 75%の小児運賃が必要になります。旅行の計画をたてる時には、まずは出発時にお子さんがどの運賃が適用になるのか必ず確認しましょう。

座席の場所や食事などあらかじめリクエストしておけるサービスも多い。

旅行の予定が決まったら、航空会社が提供している子供向けのサービスを申し込みましょう。一般的に次のようなものがあります。空港での優先搭乗サービス、機内でのバシネット(ベビーベッド)の無料貸出、粉ミルクの調乳や紙オムツの提供、おもちゃの提供や絵本の貸出、子供向けの機内食、チャイルドシートの無料貸出など。これら機内で提供される子供向けサービスの多くは事前に手配が必要です。特にバシネットは設置できる座席がスクリーン前など限られた場所になるので、家族連れが多くなる夏休みなどの旅行を予定していたら、早めにリクエストを入れておく事をお忘れなく。どれも内容や種類、条件が航空会社によって若干異なるのであらかじめ航空会社のサイトなどで確認しておくとよいでしょう。

機内では航空会社のオリジナルグッズが貰えることも。

多くの航空会社では、子供が機内で遊べるような簡単なおもちゃや文具のプレゼントを用意しています(これは予約不要)中にはエアラインオリジナルのグッズを作っているところもあります。ニュージーランド航空では、ニュージーランドの人気キャラクターが描かれた色鉛筆、ステッカー、アクティビティブックが入った「キッズパック」が好評です。また私が以前子供と一緒に日本航空を利用した時は、ロゴマーク入りのトランプやミニチュアのジャンボジェットをプレゼントしてくれました。航空マニアの大人も思わず欲しくなりますね。