信号のない交差点にある"All Stop"の標識

アメリカの住宅街を車で走っていると、よく信号のない交差点に遭遇します。ここには日本の住宅街にある交差点と同様、一時停止を表す"Stop"という赤い標識があります。この標識がない優先道路は直進できますが、この標識がある方の車は一時停止しなければなりません。ここで注意したいのは、日本では見慣れない"All Stop"という標識です。つまり、全車一時停止を意味するこの標識がある交差点は、全方向の車が一時停止をする必要があります。では、全車一時停止をした場合、どの車から発信するのが正しいのでしょうか?

アメリカで車を運転したい! 日本人がおさえておくべき交通ルール その2 アメリカで車を運転したい! 日本人がおさえておくべき交通ルール その2

どの車から発進?全車一時停止の交差点

正しい答えは、まさかの先着順です。日本に同様の標識はありませんが、日本では信号も標識もない交差点に遭遇して全車一時停止した場合、まずは優先道路を考えます。これは、道路幅の広い方に優先権があります。しかし、全て同じような道路幅の交差点の場合は、自分よりも左側の車が優先になります。これがアメリカでは、先に交差点に着いた車に優先権があるため、日本人が戸惑ってしまう交通ルールのひとつと言えるでしょう。ここで注意しておきたいのは、先着がわかりにくい場合ですね。先着の判断が難しい場合は、トラブルを回避するために譲り合うことも大切なポイントですよ。

道路に書かれた"Keep Clear"が意味するものは?

アメリカでは、交差点の信号が赤であっても、右折禁止の標識がなければ右折が可能です。日本人の感覚だと一瞬戸惑ってしまいそうな交通ルールですが、日本でいう左折と考えてみて下さい。日本では禁止されている交通ルールの一方で、確かに流れる方向への合流は難しいものではありません。道路が広いアメリカならではの交通ルールといえるでしょう。これを知らずに赤信号の交差点で待っていると、後続車にクラクションを鳴らされてしまうこともありますので気をつけて下さい。