一時停止は不要? 気をつけたい郊外の踏切

アメリカの踏切では、一時停止をする必要がありません。日本では、踏切の手前で必ず一時停止をする必要があります。一時停止をしたら、左右を確認するだけではなく、更には窓を開けて列車が近づいている音も確認しなければなりません。しかし、アメリカでは踏切の信号に従えば問題ありません。ひとつ気をつけたいのは、郊外の見通しのいい踏切です。この踏切は、左右からやってくる列車がよく見えます。一方で直進する車からは、左右から近づいてくる列車のスピードが緩やかに感じる錯覚が起こります。一時停止の必要がないアメリカの踏切ですが、特に郊外の踏切では十分な注意を払いましょう。

アメリカで車を運転したい! 日本人がおさえておくべき交通ルール その3 アメリカで車を運転したい! 日本人がおさえておくべき交通ルール その3

"道を譲れ"の標識に注意! 合流する車が優先

アメリカでよく見かける標識に"Yield"というものがあります。直訳すると利益をもたらすなどを意味しますが、道路標識の場合はたいてい徐行と訳されます。しかし、最も適当なニュアンスは"道を譲れ"なのです。合流地点などでよく見かけるこの標識は、合流する車に道を譲れということを意味しています。確かに徐行でもあながち間違えではありませんが、合流する車が優先であることを考えれば譲れという解釈が妥当かつ安全です。万が一交通事故になった場合も有利に働きますので、この標識を見かけたら、合流する車に道を譲るように心がけましょう。

絶対に追い越してはいけないスクールバス

アメリカでスクールバスの後ろを走っていたら要注意です。アメリカには、スクールバスが停車した場合、後続車も停車しなければならないルールがあります。間違っても追い越してはいけません。万が一追い越してしまった場合、運転手に車のナンバーを控えられて通報されることもしばしばあります。その場合あとから警察がやって来てしまいます。また、対向車もスクールバスの停車に合わせて停車する必要があるので、こちらも要注意ですよ。

快適で安全なドライビングライフのために

このようにアメリカには、日本とは違う交通ルールがたくさんあります。これらの特徴的な交通ルールは、予め押さえておくことをオススメします。快適で安全なドライビングライフに役立て下さい。