世界最大の車社会、アメリカで車を運転する

壮大なアメリカで車を運転したい、そんなことを夢見る人もいらっしゃるのではないでしょうか? アメリカは世界最大の車社会といっても過言ではありません。とにかく面積が広いアメリカは、バスや地下鉄などの公共交通機関よりも、車や航空機での移動がメインとなります。特にバスや地下鉄は、治安の悪いエリアを走ることもしばしばです。そのためどこに行くにも、車は欠かせない交通手段になります。しかし、アメリカには日本とは違った独特の交通ルールがたくさんあります。ここでは初めてアメリカで車を運転する、日本人が押さえておくべき交通ルールをご紹介します。

アメリカで車を運転したい! 日本人が押さえておくべき交通ルール その1 アメリカで車を運転したい! 日本人が押さえておくべき交通ルール その1

まず押さえておきたい右側通行の基本ルール

まず押さえておきたいのは、誰もが知っているであろう「右側通行」です。これが日本人にとって最も最初に戸惑う交通ルールではないでしょうか? 車道の右車線を走るだけでも大きな違和感を感じるはずですが、車自体も左ハンドルになります。特に交差点の右左折は真逆の感覚になりますので、十分なイメージトレーニングをしてから運転することをオススメします。いつもは容易な駐車や車庫入れも感覚が変わってきますので、サイドミラーからの見え方も違うことを念頭に置いておくことが大事です。この日本とは大きく違う基本の交通ルールを押さえた上で、細かいルールを覚えていきましょう。

赤信号でも右折が可能なアメリカ

アメリカでは、交差点の信号が赤であっても、右折禁止の標識がなければ右折が可能です。日本人の感覚だと一瞬戸惑ってしまいそうな交通ルールですが、日本でいう左折と考えてみて下さい。日本では禁止されている交通ルールの一方で、確かに流れる方向への合流は難しいものではありません。道路が広いアメリカならではの交通ルールといえるでしょう。これを知らずに赤信号の交差点で待っていると、後続車にクラクションを鳴らされてしまうこともありますので気をつけて下さい。