アメリカの高速道路、フリーウェイをマスターする

アメリカの広大なフリーウェイを運転してみたい、そんなことを夢見ている方もいらっしゃるのではないでしょうか? フリーウェイとは、日本で言うところの高速道路にあたります。大きな違いといえば、日本は有料道路であることに対して、アメリカはほとんどが無料で利用が可能です。アメリカは、今や世界一の車社会といっても過言ではありません。フリーウェイをマスターすれば、行動範囲も広がり、飛躍的にアメリカを楽しむことができるようになります。アメリカ横断の旅も夢ではありませんね。そんなフリーウェイをマスターするために、日本人が知っておきたいルールとマナーを紹介します。

アメリカでフリーウェイを運転したい! 日本人が知っておきたいルールとマナー(前編) アメリカでフリーウェイを運転したい! 日本人が知っておきたいルールとマナー(前編)

まさかの危険地帯に進入!?  気をつけたいフリーウェイの降り口

まず、フリーウェイを初めて運転する方に最も気をつけてほしいのが、その降り口です。フリーウェイを運転していて、予定の降り口を過ぎてしまったからといって、安易に知らない降り口で降りてはいけません。降りた場所が治安の悪い危険地帯の場合、それが命とりになりかねません。治安が悪いとされている場所では、道を検索して停車していたり、赤信号で停車しているところを襲われる事件が頻発しています。フリーウェイを運転する場合は、予め降り口をよく調べておく他、過ぎてしまった場合の第2、第3の降り口も調べておく必要があるでしょう。

1人では走行できない? アメリカ独特のカープールレーン

日本の高速道路と違うフリーウェイのルールがあります。それが”カープールレーン(Car Pool Lane”です。カープールレーンとは、車内に複数人が乗っていないと走行できない車線になります。日本とは逆の左寄りの車線、いわゆる速度の速い車が走る追い越し車線にあります。そのため気持ちよく走っていたら、知らず知らずカープールレーンになっていたなんてこともしばしばです。このカープールレーンを1人で走行していると罰金対象になります。また、混み具合によっては簡単に普通車線に戻れなくなります。特にフリーウェイ初心者の方は、時間に余裕を持って普通車線を走行することをオススメします。 (後編へつづく)