成田への交通費は、やっぱり高い?

東京都内から成田空港へは、電車かリムジンバスでのアクセスが一般的ですね。京成スカイライナーや成田エクスプレスは荷物置き場もついていて快適です。料金は、スカイライナーが日暮里から成田空港まで2470円、成田エクスプレスが東京から成田空港まで3020円です。また、リムジンバスは東京から成田空港まで3100円です。(2015年12月現在) リムジンバスは主要ホテルからも発着していますので、こういったホテルに泊まる方には便利です。ですが、ちょっぴり成田空港までの交通費は高いなぁ、というのが本音です。

成田空港までの格安バス、THEアクセス成田と東京シャトルの実力 成田空港までの格安バス、THEアクセス成田と東京シャトルの実力

成田ゆきのバスにもLCCの波が押し寄せました

最近は、いわゆる格安航空会社(LCC)が人気です。無駄なサービスは削って、そのぶん格安の料金にしたところ、ウケているようです。成田ゆきのバスにも、それと同じ流れが出てきました。THEアクセス成田か東京シャトルというバスに乗れば、格安で成田空港まで移動できるようになりました。料金は、THEアクセス成田は1000円、東京シャトルも1000円なのですが、事前予約をすると100円引き、キャンペーン中だとさらに割引ありとお得です。(2015年12月現在) それぞれホームページがありますので、詳しくはそちらで確認してくださいね。ホームページから事前予約もできます。

基本は自分で荷物を運ぼう

THEアクセス成田も東京シャトルも、しっかりしたバスで運行しています。ただし、リムジンバスのように、きっぷ売り場のカウンターもないですし、荷物の上げ下ろしをするポーター係りもいません。料金はドライバーが受け取りますし、またトランクルームのドアを開け、近くに荷物を下ろすまではドライバーがやってくれますが、乗客も自分の荷物は自分で引き取ります。

利用するときに、注意したいこと

安くて快適なバスですが、利用するには注意すべきことがあります。それは、時間には十分余裕を持って、バス乗り場に行くことです。立ち席はないので満席になったら、次のバスに乗らなくてはなりません。私は一本遅いバスに乗ったことがあり、しかも渋滞にかかって、チェックインの時間に間に合わないかとハラハラしたことがあります。バス乗り場へは早めに行きましょう!