エコノミークラスでもコンフォートプラスのようのなお得感

2018年の春、近年とても人気と噂の高いカタール航空に初めて搭乗してみました。カタール航空は、中東の国カタールの国営航空で、航空券の安さもあってヨーロッパ行きに利用する人も多いエアラインです。
今回の旅先はドイツのミュンヘン。行きのQR807便は成田から出発し、途中ドーハで乗り継ぎます。帰りはパリから同じくドーハ乗り継ぎで成田へ。帰路のパリからドーハまでは、今話題の最新鋭機種、2階建てのエアバスA380にも乗れました! まず機内に乗り込むと、天井が高く、足元の広さと座席の座り心地、リクライニングの深さ、座席前スクリーンの大きさに驚かされました。これがタッチパネルの最新型で映画の種類もかなり豊富です。内ポケットには歯ブラシ、ソックス、耳栓、ココナッツの香りのリップクリームのセットが用意され、新しい機内誌がビニール袋に入っています。PCやスマホ充電用のコンセントも各自の席に備わり、嬉しい限りでした。

英国の国際運輸調査機関スカイトラックス社が認定する「5つ星エアライン」に選ばれているカタール航空。エミレーツやエティハド航空と並び中東を代表するエアラインです 英国の国際運輸調査機関スカイトラックス社が認定する「5つ星エアライン」に選ばれているカタール航空。エミレーツやエティハド航空と並び中東を代表するエアラインです

キャビンアテンダントの優しさにも癒されました

良いフライトだったかどうかは、キャビンアテンダント(CA)の印象も大きな判断基準となりますよね。カタール航空のどのCAさんも、細やかな気配りに溢れていました。たとえば世界一のサービスといっても良い日系エアラインやシンガポール航空くらいのレベルでしょうか。あるフライトで、気流の関係で揺れが大きい中、下を向いて読書をしていたせいか少し具合が悪くなり、CAさんに乗り物用酔い止めの薬を頼みました。日本のような酔い止めの薬はなく、すべて嘔吐した後に飲む胃腸薬をもってきてくれました。それも、何度も上のチーフCAと相談して、私の状況を鑑みて的確なアドバイスをくれました。それと、素晴らしいのはトイレの清潔さです。まずは濡れた便座拭きが備わり、ハンドソープや香水も良い香り・・手拭き用のティッシュも柔らかく、何から何まで二重花マルです。いつ行っても綺麗で、頻繁にトイレの清掃を行っているなと感心しました。

品があって美しいCAさんをたくさん見かけました 品があって美しいCAさんをたくさん見かけました

機内食のワインのセレクトもなかなか! ビリヤニの味も美味

いちばんのお楽しみの機内食。エコノミークラスといえど上々でした。メイン料理が3品から選べるのもエコノミーでは初めて。最初のフライトの料理は、前菜はキヌアと枝豆のサラダ、メインがタラのオーブン焼き・マスタードとディルのソースかけポテト添えを選びました。どれも薄味で日本人の口にぴったりです。それに素晴らしいのがワイン! 魚を選んだので南ア産の白ワインにしましたが、ビジネスクラスでいただけそうなグレードの高いワインでした。帰路のフライトでは、チキンビリヤニ(インド料理)の美味しさに目が点に・・・最新設備と機内のこの上ない清潔さ、食事のクオリティ、CAさんの気品ある優しい対応。すべてにおいて大満足のキャリアです。巷で人気の訳が理解できました。皆さんも、中東やアフリカ、ヨーロッパ方面へ行かれる際は、カタール航空のフライトを体験してみませんか?
URL www.qatarairways.com/ja-jp/homepage.html

ご飯の下には大きなチキンがゴロゴロ入っています! 今や機内食に使うナイフやフォークはプラスティック製がほどんどですが、カタール航空ではスティール製。コーヒーのマドラーやスプーンもテーマカラーのワイン色でオシャレです! ご飯の下には大きなチキンがゴロゴロ入っています! 今や機内食に使うナイフやフォークはプラスティック製がほどんどですが、カタール航空ではスティール製。コーヒーのマドラーやスプーンもテーマカラーのワイン色でオシャレです!