日本でも両替可能な人民元

中国を旅する場合、両替をどこでしていますか?中国の通貨は人民元。両替にはあまり困らないお金ですが、いいレートを求めるなら両替する場所が重要になってきます。日本でも銀行や両替所、空港、金券ショップなどで人民元への両替が可能で、日本語でやりとりできる安心感があります。しかしレートが悪いので、あまりおすすめできないのも事実。やはり中国に現金を持っていき、現地で両替するのがいいでしょう。その場合のお金は、都市をメインに旅行するなら日本円で大丈夫。よほどの田舎でなければアメリカドルやユーロは不要です。

日本円の現金を中国で両替する

中国に到着しても、空港で滞在分すべてのお金を両替してしまうのはおすすめできません。空港の両替レートが町なかに比べてよくないというのは世界の常識です。とりあえず1〜2日分のみ替えておいて、ホテルへ向かいましょう。中国では、4つ星以上のホテルであれば両替サービスを行なっていることがほとんど。ただしホテルでのレートもあまりよくないので、週末や夜でないならば、近くにある銀行の場所を聞いてそちらを目指しましょう。

銀行での両替と闇両替

レートがよく、安心して両替できるのが中国銀行です。金額などを用紙に記入し、パスポートと現金と共に窓口に提出します。この手続きが少々面倒で、用紙に書く項目は案外多く、混雑しているときには時間もかかります。ここではなるべく大目に両替しておくといいでしょう。また、銀行やコンビニのATM周辺に両替人がいて、中国銀行よりもいいレートで両替してくれることがあります。ただしこれは違法行為にあたる闇両替ですし、受け取るお金にニセ札が混じっている可能性もあるので、くれぐれも気をつけましょう。

国際キャッシュカードでの現金引き出し

多額の現金を持ち歩きたくないときはカードが便利。国際キャッシュカードがあれば、現地銀行のATMから人民元を引き出せます。カード上の「PLUS」や「Cirrus」といったロゴがATMの周辺に表示されていれば、そのカードで現金が引き出せます。時には表示がなくても引き出せることもあるので、とりあえず試してみましょう。なお、1回もしくは1日あたりの引き出し限度額があり、使用には手数料がかかる場合があることを忘れずに。そのほかにもVisaやMasterCardといったクレジットカードでのキャッシングも可能。中国へ行く際は、日本円の現金とこれらのカードの両方を持参すると安心です。