露出度は現地に準じて

バックパッカー旅の服装は、旅の目的(リゾート滞在、トレッキング、観光地巡りetc.)、季節・気候(雨季・乾季、夏・冬)、行き先(海、山、田舎etc.)などによってずいぶん変わってきますが、女性は身の安全のために男性の旅人以上に服装に気をつけた方がいいと思います。端的に言えば、現地の男性に変な気を起こさせるような過度の露出を避けることが必要です。この「過度」の範囲も、国や地域によって違いますよね。そういう場合、現地の女の子の服装に準じるのが一番わかり易いかなと思います。香港や台湾の女の子がタンクトップにショートパンツで普通に歩いている一方、インドの女性は肩や足をあまり出しません。南アジアから中東までのイスラム圏では体のラインがはっきり出てしまうような服装は避けましょう。

日本滞在歴30年のインド人のダメ出し

去年、冬のインドを旅したときです。日本滞在歴30年のインド人男性がオーナーの宿に滞在しました。到着翌日、私は色気まったくなしのシャツにトレッキングパンツ姿でしたが、一緒にいた女性が割と胸繰りが大きく開いたニット+膝下丈のスカートにブーツ姿だったんです。で、リビングに降りていったら即、オーナーが彼女の服装にダメ出し。胸が開きすぎているとのことでした。日本人の奥さんはそのくらい大丈夫だよと言いましたが、ご主人は「ダメ!」、彼女は他の服に着替えオーナーのOKが出てから出かけました。以後毎朝オーナーによる彼女の服装チェックが入ったのは言うまでもありません。でも、日本人のこともインド人のことも分かっているオーナーだからこその、厳しいチェックで良かったと思います。

イスラム圏では特に気をつけて

イスラムの国では特に女性の服装に関して保守的です。ボトムは足を露出させないこと。見せてもいいのは足首から先くらいです。上はTシャツでも大丈夫ですが、ピチッとしたものや透ける生地のものではないものを。全体に体の線があまりはっきり出ないものがいいでしょう。いくら観光地化されていても暑くても、タンクトップや丈の短いワンピース姿でいる白人女性などみると、私の方がハラハラしてしまいます。それは彼女が心配というより、現地の宗教や文化をもっと尊重すればいいのにという腹立たしさだったりします。それで何か起きても自業自得ですから。私はお尻まで隠れるのでインドのパンジャビードレスの上を着ていました。

見た目は大事です

なんとなく、アジアの旅なら適当な格好でちょっとくらいルーズでもいいかなーと思いがちです。でも、現地の人はたとえお金持ちじゃなくてもいつも清潔に保ち、パリッとアイロンの当たったシャツを着ています。煮しめたようなTシャツを着ているバックパッカー崩れみたいな人は現地の人から「どうしてあんなみすぼらしい格好をしているんだ」と密かにバカにされています。「荷物は少なく」が旅の鉄則ですが、襟のついたブラウスかシャツを1枚とスニーカーか靴を持っているといいでしょう。それから中国の田舎の長距離バス移動中は、「長いスカートがあったら便利だなー」と思いました。青空トイレ休憩が多かったので。