海外でも日本と同じ財布を使っていますか?

旅行で外国を訪れる際、現地通貨を入れる財布はどうしていますか?日本で使っている物にそのまま入れるという人、紛失してもいいような安い財布を使う人、もしくは財布でなく袋などに入れてしまう人などさまざまでしょう。また、日本から持参した財布はそのままホテルの金庫に入れて、別の物を使うという人も多いはずです。旅に出ようと思ったとき、一瞬どうしようか迷う旅先での財布、どういうポイントに注意して、何を使うべきかについて考えていきます。

盗難が多い外国では日本よりも神経質に

海外を旅する際に、日本と違って気をつけなくてはならないのが盗難。日本では時折ズボンのお尻のポケットや小さなバッグからはみだした財布を見かけますが、同じことは海外では厳禁です。財布を選ぶ際は、お札がたくさん入っていることが周りに見られにくい物にすると安心。バッグの中に入れたままお金を取り出しやすい長いタイプを使ったり、コインケースと札入れを別々に持ったりと、皆さん工夫されているようです。大金やカード類は同じ財布に入れないようにし、分散して持つと盗難に遭っても被害が最小限に抑えられます。

財布を使わないというのもアリ

一方私は”財布を使わない派”。なぜかといえば、財布を使うと丸ごと盗まれそうで怖いからです。ではどこにしまうのかというと、肩から斜めに提げたバッグの内側ポケット。これだとチャックを閉めてしまえば盗めませんし、バッグ内を覗き込んで片手を突っ込み、お札を他人から見られずに必要なだけ取り出すことができます。この場合ももちろん高額のお札の束は別の所に入れておき、少しずつこのポケットに加えています。力ずくでバッグを奪われない限りは、衣服のポケットにお金を入れておくよりも安全で取り出しやすいと感じています。

プラスアルファのお役立ちアイテム

また、外国へ持っていくと役立つのが、100円ショップなどで売られているチャック付きビニール袋。私は日本円のお札をこの袋に入れ、荷物になる財布と小銭は置いていきます。ICカードやマイレージカードも同じ袋に入れておき、出国までなるべく小銭を作らないように、飲み物などはICカードで購入します。同じ袋を数枚持って行けば、経由国で下ろした通貨や、大きな現地通貨とクレジットカードなどを分けて入れておくために役立ちます。そのほかの用途もいろいろ考えられる、おすすめのアイテムです。