あなたはスーツケース派?それともバックパック派?

海外へ行くときのカバンを、スーツケースにしようかバックパックにしようか悩んだ経験はありませんか? バックパックというと、アウトドア系の人が使うイメージがありますが、必ずしもそうではありません。バックパッカーと呼ばれる旅行者は、その名のとおりバックパックを背負い、低予算で旅をするスタイルが定番。かつて私もそうしたバックパッカーの一人でしたが、最近はスーツケースを使うことが多くなっています。

旅のカバンは何を使う? スーツケース、バックパックの利点とサブバッグ選びのポイント 旅のカバンは何を使う? スーツケース、バックパックの利点とサブバッグ選びのポイント

バックパックを使う利点と難点

バックパックのよい点とは何でしょう。まずは背負うものであるため、常に両手があくということ。そして、荷物が体に密着しているので、盗難の危険が少なく、安心感があることが挙げられます。布が柔らかいため、形が割と自由になり、靴やコップなどを外に吊るしたりもできます。ただしすべての重量が肩にかかるため、体力がない場合は数分歩くだけで疲労してしまいます。鍵がかからないバックパックも多く、部屋に置いて出かけるときは心配がつきまといます。

スーツケースを使う利点と難点

一方、スーツケースはキャスターさえしっかりしていれば、同じ重量でも歩くのは非常に楽。ノートパソコンのような、一部分に圧力がかかると壊れやすい物も安心して入れられるうえ、鍵もかかります。私はあるときバックパックからスーツケースに変えましたが、その使い勝手のよさに満足しています。難点は、石畳や土の地面、階段などを歩きにくいこと。しかしずっと背負っていることに比べれば、一時持ち上げるのは大して苦になりません。荷物の量や行き先によっても変わってくるので、一概にどちらがよいとは言えませんが、これまで訪れたアジアやヨーロッパでは、スーツケースの使用を後悔したことはありません。自分の旅のスタイルを考えて、どちらにするかを決めるといいでしょう。

サブバッグも考えて選びましょう

どのカバンをメインに使うにせよ、あると便利なのが小さなサブバッグ。お金やチケット、ティッシュなど、さっと取り出す必要のある物はこちらに入れます。個人的には、肩から斜めがけにできるポシェットタイプが便利。購入するときは何を入れるかをよく考えて、大きすぎず小さすぎず使いやすいものを選びましょう。私の基準は500mlのペットボトルとガイドブックが入るサイズ。快適に使えるバッグ選びは、楽しい旅への第一歩です。