海外旅行とライセンス取得が両方楽しめる

日本でダイビングのライセンスを取ると、3日間の実習で5万円ぐらいすることがあります。どうせそのぐらいかかるのなら、海外でCカード(ダイビング・ライセンス)を取得してみるのもひとつの手です。このカードがないと、「体験ダイビング」しかできませんし、ダイビングショップで機材を借りることもできません。どうせなら、ライセンスがない方、海外旅行のついでに、ダイビングライセンスを取ってみてはどうでしょう?

海外でダイビングのライセンスを取得してみよう 海外でダイビングのライセンスを取得してみよう

どういうところでツアーが行われているか

日本人向けにライセンス取得ツアーや取得プランを行っているダイビング専門店は、日本人にポピュラーなビーチリゾートなら、探せばたいていあります。必要日数は最低3〜4日間。時間のない方は、あまり遠くへ行かずに、グアム、サイパン、セブ島など直行便があり、片道4時間程度の所が楽でしょう。時間がたっぷりあるなら、お金もかかりますが、リゾート気分を味わいながら、ちょっと遠めの海でライセンスを取るのもいいでしょう。とくに日本語インストラクターにこだわらないなら、それこそ世界中の海で可能です。

ライセンス取得ツアーのお値段は?

気になる料金ですが、これはもうピンキリです。実際の講習内容はどのツアーでも変わらないでしょうが、飛行機代金、泊まるホテルのランクによって変わってきます。グアムの安いツアーですと3泊4日で6万円ぐらいからありますが、ダイビング中のランチや申請料などは別途になっています。このあたりの「含まれるもの、含まれないもの」はよく確認しないと、あとで思わぬ出費になります。また、あまりハードな日程ですと、身体が疲れているところで海に入り、体調を壊してしまう人もいます。以前、私が参加したライセンス取得プランでは、初日にリタイアしてしまった人がいました。

楽しくダイビングを楽しむために

あと、重要なこと。それは天気です。せっかく行くのですから、天気が悪くて透明度が低かったり、波が荒かったりしたら辛いですよね。ましてや、初めてのダイビング体験ならなおさらです。そこでツアーは、ただ料金で比べるだけでなく、行く時期がベストシーズンか、いや、ベストシーズンの所を探して行くぐらいの気持ちで、決めましょう。「雨季真っ最中で、毎日雨ばかり」なんてなったら、ダイビングそのものの印象も変わってしまいますしね。これはツアーを申し込む前に必ず調べてくださいね。