パスポートがなくなってもあわてずに

海外旅行では「命の次に大切なのがパスポート」とよく言われていますよね。もちろんパスポートは大事なのですが、万が一、海外でパスポートを失くしてしまっても、必ず帰国することはできます。落ち込んで悩みすぎず、気分を切り替えてテキパキと仕事をこなすようなモードに入ったほうがいいでしょう。まず、盗難・紛失どちらでも、その場所の最寄りの警察署に行き、「盗難あるいは紛失証明書」を発行してもらいます。これはパスポートなしでホテルに泊まる場合や、その国のイミグレーションで必要になるので、必ず発行してもらい、何枚かコピーを取ってください。

海外でパスポートの盗難・紛失をしたら、帰国のためにはどんな手続きが必要か その1 基礎編 海外でパスポートの盗難・紛失をしたら、帰国のためにはどんな手続きが必要か その1 基礎編

日本領事館に連絡を入れ、必要書類を揃える

そして次に、その国にある日本領事館へ電話をしてパスポートの紛失を告げ、「新規パスポート」、あるいは「帰国のための渡航書」の発行について聞いてください。その国にいくつも領事館がある場合は、近い場所でもかまいません。必要書類は、電話でも教えてくれますし、インターネットでも調べられます。基本的には、「紛失一般旅券等届出書」1通(領事館にあります)、警察が発行した紛失証明書、顔写真(縦45mm横35mm)1枚、本人が日本人国籍者であることを証明する書類(戸籍謄本や運転免許証、戸籍が記載された住民票などの原本)が必要です。あとはパスポートコピーやeチケットがあれば、それも用意しましょう。

「新規パスポート」か「帰国のための渡航書」か

帰国日までの日数に余裕があるかないかで、新規パスポートを作るか(申請から4〜7日間かかる)、帰国のための渡航書(即日発給)のどちらを作るか、選ぶことになります。「帰国のための渡航書」は、基本的には乗り継ぎの目的以外でどこの国にも入国せず、まっすぐ日本に帰るための「片道有効」です。有効期限も限られているので、ただ帰るためだけにしか使えません。しかし帰国日が迫っている場合は、即日発給の「帰国のための渡航書」を申請しましょう。なぜかというと、その後にその国のイミグレーションで手続きが必要だからです。イミグレーションでの手続きは即日の場合もありますが、2〜3日かかる場合もありますし、祝日や休日がかかってしまうともっと時間がかかります。