ホテルに歯ブラシは日本だけの常識?

日本では、それほど高くないホテルや旅館、ビジネスホテルでも、歯ブラシは部屋に付いていることが多いですよね。たとえ、それが安っぽいものでも(笑)。ところが、海外のホテルでは、シャンプーやリンス、バスジェルやひげ剃りまで、割とアメニティが充実しているような高級ホテルでも、歯ブラシが用意されているとは限りません。そして実際、置いていない所が多いのです。

海外のホテルに歯ブラシはあるの? それとも日本から持っていくべきか。 海外のホテルに歯ブラシはあるの? それとも日本から持っていくべきか。

欧米のホテルにはない所が多い?

歯ブラシ(と歯磨きチューブ)が備え付けられているホテルは、私の経験ではアジア圏が比較的多く、アメリカやヨーロッパではほとんど見かけなかったという印象です。もともと「歯ブラシは持参するもの」という習慣と、エコに配慮するという2つの理由が大きいようです。確かに歯ブラシや歯磨き粉は、個人の好みがかなり強く出るものだと思います。そのため、いろいろな堅さのものがあるのでしょう。また私はホテルの歯ブラシを使うことがあっても、歯磨き粉は持参のものを使っています。これも、「好みの味」というのが人それぞれですからね。

なければリクエスト。または行きの機内で調達

ただし、欧米のそこそこのホテルなら、リクエストすればどこからかたいてい持ってきてくれるはずです(場合によって有料ですが)。もし途中で忘れたことに気がついたら、日本なら出発空港で買えますし、飛行機の機内でもアメニティで用意している航空会社もあるので聞いてみましょう。英語では歯ブラシは「toothbrush」、歯磨き粉は「toothpaste」です。立派なものではないので、あくまで到着した日の急場凌ぎという感じですが、ないよりはいいでしょう。

なければ現地で購入という手も

アジア、東南アジアでは、もし日本から持ってくるのを忘れたとしても、比較的遅くまで店が開いていますし、また都会ならコンビニもありますので、買うのはそれほど難しくはありません。私は、タイやバリ島に行くときは、最初から洗面用具は持って行かず、現地で買うことがよくあります。シャンプーやリンスの旅行用の小さいものなら、アジアの多くの国ではコンビニや商店でも100円以下で買えますからね。ただ、歯磨き粉(チューブ)は、好みの種類がないかもしれないので、日本から持参することをおすすめします。特に「子供用」のチューブは見つかりにくいかもしれないので、小さなお子様連れなら忘れずに!