ヘアスプレーは、海外旅行へ持っていけるのか。

「スプレーって、飛行機に乗せると気圧の関係で爆発とか破裂とかしちゃう!?」と不安になって、調べたことがある方も多いのではないでしょうか。持ち込めないものの中に高圧ガスという項目があり、さらにその中にスプレー缶の記載があるため、混乱しやすいのです。各航空会社によって微妙な基準の違いはありますが、結論から言うと、ヘアスプレー程度なら海外へ持っていくことができます。ただし手荷物ではなく、貨物室内へのお預けとして持ち込んでください。

ヘアスプレーは海外へ持って行ける? ヘアスプレーは海外へ持って行ける?

制汗剤やスプレータイプの基礎化粧品は?

スプレー缶のなかには、可燃性のガスが含まれている場合があります。いずれにしても機内への持込はほとんどできないと思っておいたほうがいいでしょう。貨物室への預け荷物に入れる場合、何かのはずみで中身が出でしまうと、荷物がベタベタになってしまう場合があります。キャップやストッパーのついているものを用意しておいてください。ちなみに貨物室でもNGとされるのは、明らかに引火性のあるガソリンやシンナー、ライター(機内持ち込み可のものもある)等です。

手荷物として持ち込みが可能な方法は?

機内に手荷物としてスプレー缶を持っていくことができる方法がひとつだけあります。そのチャンスが訪れるのは、手荷物検査が全て終わり、あとは飛行機に搭乗するだけとなったとき。出国手続き後は飛行機内にいるのと同じ状況なので、免税店やその他売店で購入したものであれば問題なく持ち込めるのです。ただし、乗り継ぎ等で別の飛行機に乗る場合は再度手荷物のチェックが必要となり、制限が適用されるため注意してください。

考えるのが面倒ならば、飛行機に持ち込まない。

これは引火性があって、それはなくて、あれは容量が多くて…と、細かいことを考え始めると少し面倒に感じられるかもしれません。ガスが入っていない霧吹き状のものや、クリーム、ワックスであれば容量だけ守ればOKなので簡単です。また、現地で調達すると決めてしまえば、荷物も少なくて簡単です。