空港で売っていても日本に持ち込めない

海外旅行のおみやげを買う時に、日本に持ち込めないものに注意することは多いでしょう。例えば肉類(ソーセージやハム)、植物の種、土のついた植物などが代表ですが、これらの品物は基本的にすべて日本に持ち込むことはできません。ウエブの質問コーナーなどを見ると、「スーツケースに入れて、見つからなければ大丈夫」とか「真空パックはだめだけど、缶詰ならOK」など、かなりいい加減な答えが散見されます。一部の例外を除けば、どんな形態であろうと肉類の持込は禁止されていて、見つからなくても違法行為をしていることになります。

検疫で「見つからなければ大丈夫」と思っている人、それは違法行為です。日本に持ち込めない食べ物の土産はどんなもの? 検疫で「見つからなければ大丈夫」と思っている人、それは違法行為です。日本に持ち込めない食べ物の土産はどんなもの?

肉はダメ、でも魚はOK

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに限っては、国が発行する証明書がついているものに限り、日本に持ち込むことが可能です。ヨーロッパを含むそれ以外の地域からは、一切持ち込めないと考えたほうがいいでしょう。たとえ店の人が大丈夫と言ってもダメです。よく肉と同じだと勘違いされるのですが、魚はすべて持込可能です。海外で釣った魚を冷凍にして持ち帰っても何の問題もありません。ただし生きている魚介類は別。こちらは検疫の対象になります。

乳製品はOK、でも生の植物は×

こちらも勘違いが多いようですが、乳製品(チーズやバター)などは、すべて検疫の対象外ですから持込はOKです。ただしほとんどが冷蔵保存する必要がある製品ですし、チーズの種類によってはかなりの匂いの強いものもあるので、しっかり包装して周りに迷惑をかけないようにしましょう。植物は生もの、生きているものはすべて×。果物や生花、鉢植えの植物、そして植物の種は持ち込めません。ただしドライフルーツや食用に加工されたナッツはOKです。

日本に持ち込めないものは、持ち出せないもの

筆者もかつてイタリアで食べた生ハムの美味しさに感激して(違法と知りつつ)スーツケースに入れて持ち帰ったことがありました。そのことはすっかり忘れていた後年、アメリカでキャンプをすることになり、日本から食材を持っていくことにしました。キャンプと言えばやはりカレー。日本でよく使うカレールーをスーツケースに入れて持っていきました。運悪く税関で抜き打ちのチェックにあってしまい、スーツケースを開けることに。めざとくカレールーを見つけた検査官は、箱の裏側に書いてある“牛肉エキス”という小さな文字を指さしながら、「残念だけどこれは没収するよ」と言って取り上げられてしまいました。違法に生ハムを持ち込んだ報いなのかもしれませんが、いまだに白人の税関の検査官が、なぜ小さな日本語が読めたのかが不思議でなりません。